渚のファーマーズマーケット

渚のファーマーズマーケット9th表 渚のファーマーズマーケット9th裏

2016年11月26日(土) 10:00~15:00
一宮海岸広場(国民宿舎一宮荘あとち)
所在地:千葉県長生郡一宮町船頭給2512

 

サーフィンのポイントとして有名な千葉県一宮町で開催される「渚のファーマーズマーケット」に

出展させていただけることになりました♪


太平洋の海のすぐ前にある公園でたーくさんの素敵なお店とにぎやかなステージがあり、

とっても楽しい大人気のイベントです。

アイサーチは、気軽にできるイルカクジラのアクティビティーとチャリティーグッズの販売を行う予定です。

ぜひぜひ、遊びにいらしてください。

 

イベント詳細は、 渚のファーマーズマーケットの ブログ または FBページ にて。

 11月12日、千葉県いすみ市の ゆるマルシェにて行われた、

ねんどでイルカを作ろうのワークショップで生まれたイルカたちです。

ゆるマルシェねんどイルカ

参加していただいたみなさま、どうもありがとうございました!

→ ゆるマルシェの様子はコチラ♪ ←
こんにちは、事務局Pです。
今年は晩秋なのに、忙しい毎日です。。。
さて、11月12日(土)千葉県いすみ市の大原海水浴場からすぐのところで開催された
ゆるマルシェ at 六本木美容室 by909に出展してまいりました。
今回は、ねんどでイルカを作るワークショップを2回実施しました。
とってもアットホームなイベントでしたが、来場者も出展者も
皆さん楽しそうに時間をすごしていたのがとっても印象的でした。

出展者の皆さんと♪
20161112yurumarushe1.jpg

開催場所となった六本木美容室by909の皆さんと♪
20161112yurumarushe2.jpg

まずはねんどでイルカを作るワークショップから!
イベントスタートと共に始まったワークショップ。大人も子供もリアクションは同じ(笑)
この写真、まるで自宅のような雰囲気ですけど、イベント会場です!
20161112yurumarushe3.jpg

11時の回に参加してくれたみんな。イルカできたよ~!
20161112yurumarushe4.jpg

それから。13時の回に参加してくれたみんな。3歳から40代まで幅広い参加者!!
20161112yurumarushe5.jpg

★みなさんの手から生まれたイルカたちはコチラ♪

さて、美味しい干物や豚肉、野菜…
ラーメンやおかゆバー、コーヒー屋さんもあって、
ほんとにおいしいものだらけ。
海を感じるアクセサリーやさんもありました。
そして、こーんなかわいいクッキーとカップケーキもありました!
真ん中のカップケーキはいすみ市の「いすみん」というゆるキャラです。
白子町のTEKAPOさん♪
yurumarushetekapo.png

そして、ヘアセットやフラ、英語教室・・・と美しくなって、みんなが楽しい時間となりました。
yurumarusheiroiro1.jpg

私も朝一で、ゆるかわにヘアセットをしてもらったのですが、
スタッフは私一人だったため、イルカの教室の実施に必死で、
やつれた女になっていたようです…無念(涙)

ご参加くださった皆様。
イベント運営をしてくださった方々
ご一緒してくださいました出展者の皆様
本当にありがとうございました。
 

ゆるマルシェ at 909

ゆるマルシェat909

11月12日(土) 11:00~16:00

六本木美容室by909 (千葉県いすみ市)

 

千葉県いすみ市の大原漁港すぐそばにある「六本木美容室by909」で開催する「ゆるマルシェ at 909」に出展します。

アイサーチ・ジャパンねんどでイルカをつくるワークショップ実施します。

ぜひ、遊びにいらしてください♪

 

【海の環境学習教室【イルカをつくろう!】

ねんどでかわいいイルカをつくりながら、イルカの体のしくみや彼らの暮らす海の環境について楽しく学べるワークショップです。

作ったイルカはお持ち帰りできます♪

■対象年齢:6歳以上 
■参加費:500円(おみやげ付き)
■実施時間:1回目11:00-11:40 2回目13:00-13:40
■定員:各回7名

詳細は ゆるマルシェ at 909 フェイスブックページ にて。

こんにちは、事務局Pです。
2016年11月6日、東京大学弥生講堂で開催されました
第11回 マリノサイエンスフォーラム“Science of the Dolphin and Whale”
-イルカとクジラを科学する-で、アイサーチのファウンダーであります、
岩谷(宇津)孝子が講演させていただきました。
20161106shinpo1.jpg

主催された東海大学村山司先生のお声かけで
「御蔵島にイルカが棲み続けるために」ということでお話させていただきました。
20161106shinpo3.jpg

岩谷が1992年に初めてイルカを求めて御蔵島に上陸し、島の人たちと共に
御蔵島周辺のミナミハンドウイルカの個体識別調査をボランティアで始めた
当時のお話でした。
アイサーチを中心に1994年から10年間の調査活動が終了した後に、
島には御蔵島観光協会もでき、個体識別調査は継続されています。

20161106shinpo4.jpg

岩谷はアイサーチの活動から離れて、長いので、
当時のことを思い出しながらの準備でした。
「御蔵島にイルカが棲み続けるために」との思いから
素人ながらも、専門家の方々に支えられ調査を立ち上げ、
160名ものボランティアと共に続けました。
そんなお話を通じて、
これから研究に携わる若い人たちにやろうと思えばやれるんだ!
というメッセージを届けたいなと思い、お話させていただいたそうです。
当時、大変お世話になった、大隅清治先生や村山司先生、
森恭一先生。そして、後期にボランティアのまとめ役として活躍くださった
伊東久枝氏ともこのシンポジウムで再会することができ、
大変ありがたい機会となりました。

御蔵島の当時のお話は後日、ホームページや機関誌FLIPPERで
ご紹介させていただきます。

岩谷は今、子どもたちの施設を2つ運営しています。
誰もが心豊かに幸せに生きられますようにとの願いから
認定NPO法人 フリーキッズヴィレッジ
と専門里親となり、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)うずまきファミリーを
運営しています。

昔も今もそのバイタリティーは変わらず、
心に抱いた思いを実現するために、ひたむきに生きていくその姿に
心が打たれます。
私にとっても、改めて、アイサーチで活動を続けていく意味について
問いかけるいい機会となりました。

村山先生、ご参加いただいた皆様
どうもありがとうございました。