上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。P事務局長です。
sakurashowa09041

4月より、アイサーチオフィスが移転となりました。

今度は湘南オフィス。
銀座にあるPRスペースは変わらずオープンしております。
オンラインショップ「FLIPPER's STORE」もお休みをいただいておりますが、
PRスペースでは販売続行中です。PRスペースにしかない商品もありますので、
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

新しい事務局の連絡先は下記となります。
電話番号も変わりましたので、ご注意くださいませ。

■事務局
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ケ崎1-3-9
TEL 080-5426-8446

※ご連絡いただく際は、日中、電話での連絡が難しいケースが
多いので、できるだけメールでご連絡いただけると幸いです。
●お問い合わせフォーム

それから・・・
ワタクシ、P事務局長は、しばし小休止をいただくことになっておりまして、
このブログはボランティアと共に数名で運営していく予定です。
今までより、充実するのではなかろーかと思います!!
ご期待ください♪
スポンサーサイト
こんにちは、P事務局長です。
すっかりごぶさたしてしまっておりますが、
春の気配に誘われて、ぼちぼちと活動は進めております。

1994年から10年間、御蔵島の地元の人たちとアイサーチが協働プロジェクトで進めてきた
ミナミハンドウイルカの個体識別調査を終えた後から、
アイサーチのファウンダーで現在、フリースクールを運営する岩谷孝子を中心に
長野県伊那市周辺の子どもたちを御蔵島へ連れていく連続プログラムを
御蔵島村教育委員会の多大なるご協力のもと、始め、
アイサーチもほそぼそとサポートをしてまいりました。

来年に向けて、今からプログラムの準備を始めています。
そのプロジェクトチームで先日、ミーティングを行いました。
mikurameet10031
伊那市周辺の森と御蔵島の森との違いや
森と海とのつながりを実感し、これからにつなげていけることを目標に
このプログラムは行っていて、御蔵島での暮らしやイルカとの出会いだけでなく、
2度の森プログラムやプール講習も行う、かなりディープなプログラムなのです。

募集チラシから報告書まで、いろいろな製作物の分担を決めたり、
あれやこれやと楽しくミーティングを行いました。
もう夏はすぐそこなのです。
アイサーチの日ごろの都会での活動もそろそろ…
ボランティア募集も行いますので、興味のある方はぜひご参加お待ちしています!!
こんにちは、P事務局長です。

アイサーチのオンラインショップ「FLIPPER's STORE」では
エコバックやジュエリーなど、キュートな商品が新登場しております!

イルカ・クジラ(自然)と人が調和して暮らす社会への願いをこめて作られた
アイサーチ・ジャパンのロゴマークをに配したかわいいエコバック2種類。
しっかりとしたキャンバス地のバックは海やちょっとしたおでかけに持っていくのに
大活躍です。
また、薄地のコットン地のバックはいつものカバンの中にいれて、
お買い物をしたり、荷物が増えた時などに気軽にお使いいただけます!

さらに、イルカと雫をモチーフに大人の女性を意識してデザインされた
ジュエリーも販売を開始しました。

現在、「FLIPPER's STORE」では
お買い上げいただいた方、全員に非売品のエコバックをプレゼント中です!
ecoendoicerc

ぜひ、この機会にご利用くださいませ~
こんにちは、P事務局長です。

携帯待ち受け画像を購入することでアイサーチ・ジャパンの活動の支援する
携帯サイト「マチウケル」
ホエールアーティスト・あらたひとむさん
海洋生物調査員で写真家の笹森琴絵さん
の新作がアップされましたーー!

あらたさんが提供している「クジラ占い」のキャラクターが
待ち受け画像として登場しています!
たしか、私は・・・ホッキョククジラでありました。
aratahitomuhokyoku
クジラ占いをやって、自分のキャラを携帯待ち受けにするのも楽しいですね!

そして、笹森さんの新作は、シャチです!
orenjiworld
このほかカマイルカやシャチの正面写真などいい感じの写真がそろってます♪

ぜひ、チェックしてみてください!
http://www.icerc.org/item_150.html

こんにちは、P事務局長です。
もうお正月休みもあけて、少々たちますが・・・
今年もアイサーチ・ジャパンをどうぞよろしくお願いいたします。

昨年も600人近い方々にアイサーチ・ジャパンのイベントへご参加いただきましたが、
昨年より始めた新たな試みといたしまして、「お手紙」があります。

otegami10011

イベントで出会う方々とは一期一会であることがほとんど。
とりわけ、粘土でイルカをつくるワークショップに参加してくれた子どもたちは
大勢いて、一人ひとりとお話をゆっくりする時間があまりないので、
「感想や質問をお手紙に書いて、送ってくれたら、お返事します!」
というのをボランティアのなおちゃんのアイディアで始めました。

私も感想を読んでは、心癒されています。
質問ではイルカ・クジラに関するものだけではなく、
みなさんの好きな動物は何ですか?私はしっぽが青く光るトカゲを見たので、
そのトカゲが好きです。
…なんてお手紙もあって、とても楽しいです。
お手紙のお返事はなおちゃんが中心になって、一人ひとりにお返事を書いています。

今年もボチボチとワークショップを開催していきたいと思っていますので、
ぜひ、お気軽にお声かけください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。