上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070726ws

ニイハオ!
ズドラーストヴィッチェ!

事務局員Aです。

7月26日(木)に、丸の内さえずり館での国際交流プログラムの一環で、
「ねんどでイルカをつくろう!」のワークショップを実施しました!

国際交流?????

そうなんです。
アイサーチ初のインターナショナルなねんどイルカですっ!!
国際交流プログラムで丸の内界隈を社会見学していた、
ロシア人と台湾人の10歳前後の子どもたち、各10名ずつ、
みんなでねんどでイルカを作りましたっ!!

ロシア人の子どもたち・・・
otanjo

台湾人の子どもたち・・・
taiwanese

みんな楽しく一生懸命イルカをつくってくれました!
この日生まれたイルカたちは、のちほどご紹介します。

クイズは、大盛り上がり!! コレ、万国共通!!
DSCN0002.jpg


はじめての通訳をとおしての「ねんどでイルカを作ろう!」のプログラム・・・
私たちも始めての体験でむずかしいこともありました。
でも、参加してくれた子どもたちにとっても、やりにくいことがたくさんあったと思います。

でも、大切なのは『言葉』だけではなく、『気持ち』なんだということを身をもって体験しました。
「一緒に楽しく学べる時間を持ちたい!」という気持ち。
そこに、言葉じゃなかなか通じなくても、笑顔が生まれるんだな~~、としみじみ。

いろいろご協力いただきました、丸の内さえずり館のみなさま、ありがとうございました!!
この日出会えたみなさんとも、またこの広い世界のどこかで会えるといいな。
ロシアや台湾のこと、ちょっと調べてみたくなりました。

またいつか、こんな機会があるかなぁ?
「ねんどイルカ・インターナショナルバージョン」を、
この機会に作ってみよっかな~ぁ??
070726zentai

スポンサーサイト
kawanakajima_nendo2

2007年7月23日(月)
同じく、川中島小学校サマーチャレンジスクールで生まれたイルカたち その2 です!!

お目目の大きな子がたくさんいますね~。
「のんき」な子もいます
「イルカ」に似た名前がついた子がたくさんいますよ。

参加してくれたのは37人だったのですが、
イルカ撮影のお部屋に持ってきてくれてなかった子もいたみたい・・・
残念でしたが、他のみんなも上手だったんですよ~~~

またいつか、どこかで、みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。
楽しく参加してくれて、ホントにどうもありがとうございました!!

kawanakajima_nendo1

2007年7月23日(月)
川崎市立川中島小学校のサマーチャレンジスクールで生まれたイルカたち その1 です!

たくさんの子どもたちに、スタッフがたった2人という状況で、
みんなちゃ~んとお話を聞いて、とっても上手に作ってくれました

マツゲやマユゲのある子がいます。
お目目がクリクリの子たちもいますっ!!

と~~~~っても個性的でステキなイルカを作ってくれました

つづく・・・。
kawanakajima1

またまた事務局員Aです。

昨日、7月23日月曜日、川崎市立川中島小学校へ行ってきました!

川中島小学校では、夏休み直前に『サマーチャレンジスクール』という授業をされていて、
囲碁を習ったり、スペイン語を習ったり、社会見学に行ったり、と
さまざまな授業を生徒さんが選択できるのです。

3月に「海辺の環境教育フォーラム」に参加したときにお会いした先生が、
この「サマーチャレンジスクール」で『海の生き物』についての授業をされるため、
アイサーチにお声をかけてくださいました。

このY先生、教職をされながらも専門は環境教育で、いろんな興味深い活動をされています。
去年、カナダへオルカの調査に参加されて、『海のことを生徒さんたちに伝えたい!』
と、この授業を企画されたそうです。
生まれたてのオルカの赤ちゃんにも出会ったそうですよ~~!!キャーーー!!

参加してくれた生徒さんは、1~6年生まぜまぜの37名!!
アイサーチ・ジャパン史上初のワークショップ参加人数です。
大変は大変だったけど、元気いっぱいの子ども達と楽しい時間をもてました
みなさんが作ったねんどのイルカは、『7月23日生まれのイルカたち』で紹介します。

みんな真剣に聞いてくれています!!
kawanakajima2

Y先生のオルカのお話も聞けました!!
kawanakajima3

がんばってねんどのイルカを作ってくれています。
kawanakajima4


個人的な話ですが・・・
愛知万博でボランティアだった私は、この「ねんどでイルカをつくろう!」のワークショップを
やるために、関西から東京へ出てきたと言っても過言ではないのですが、
何度もワークショップをやっていくうちに、『いつか小学校でやりたい!!』という小さな夢
芽生えてきていました。昨日は、その小さな夢がチョットかなった日でした

Y先生の情熱があったからこそ実現した『出会い』。
同じ想いのあるところで活動させていただけるのは、本当にありがたく、
やりがいがあります!!!

Y先生、川中島小学校のみなさん、本当にありがとうございました!!
楽しい夏休みを過ごしてくださいね~~~!!!

070722choshi

事務局員Aです。

日曜日に、今年のプログラムの下見に、千葉県銚子へ行ってきました!

朝起きたら、雨っっ ゲゲッ!
でもバスが銚子に着いたら、曇ってはいましたが雨はあがり、
「よ~~~~しっ!」とスタッフ一同盛り上がっていたのですが・・・

午後、スナメリウォッチングの船に乗る頃には、どしゃぶりの雨・・・
「雨でもスナメリには会えるかもよ~~~!!」と乗船し、
船内の確認や、ガイドさんのお話をよ~く聞いて、いざデッキへ!

・・・すごいウネリ。

乗船している人すべて、はじめは大波にはしゃぐのですが、
30分もすれば、酔ってなくても黙る・・・。
しかもみんなデッキでずぶぬれ

残念ながらこの日は、霧とウネリのために、出港40分くらいで帰港しました。
みなさんの安全のための、船長の決断なのです。

私は船に乗るだけでもハッピーな人なのですが、
やっぱりみんなガッカリしていました。
こんな時、どんな言葉掛けをするべきなのか、
しっかり準備しておくことが大切だな~と思いました。

本番は晴れてほしいな~~~
私の「晴れオンナパワー」を温存しておきますねっ!!


070721_2-1

070721_2-2

7月21日生まれのイルカたち その2 です!!

この回は、とってもキュートなピンクのイルカたち
またまた上手に作れています!!

クリックリのお目目の子が多いですね~。
背びれが立派な子もいます。

おや?アレ?
赤ちゃんイルカもいます
あまったねんどで作ったんですね~。職人技っ

どのイルカもとっても個性的で上手です。
大切にしてくださいね!!!

070721_1-1

070721_1-2

7月21日生まれのイルカたちです。

この回は、キレイなグリーン
みんな、とっても上手にできました!

まつ毛のある子や、お口があいてる子もいますね~。
カラダがすらっと長くて、写真に入りきらなかった子もいますね~。
イルカのお名前も、とっても個性的


07saezuri1

事務局員Aです。

7月21日(土)は、丸の内さえずり館にて、
「海の環境学習教室~イルカのひみつ・クジラのふしぎ~」のイベントでした!
たっくさんの子ども達が来てくれました!!

みんな大好き!イルカすくい!!
大人も子どもも夢中です!
mc


今年あたらしく制作した、イルカ・クジラスゴロク!!
ワークショップのお姉さんの声が聞こえないくらい、大盛り上がりになりました!
みんな、何度も何度もチャレンジしてくれたね~。
07saezuri_sugoroku


「ねんどでイルカをつくろう!」のワークショップ!!
イルカのお姉さんも、参加してくれたみんなも、元気いっぱいでした。
イルカも上手につくれたよ~♪
「7月21日生まれのイルカたち」でご紹介しますね。
kuripa

setumei2


そしてこの後、ICERCこどもECOスクールに参加してくれるお友達のオリエンテーションを
行いました。新しいお友達やアイサーチのお姉さんたちとの出会いにドキドキ
saezuri


イルカ・クジラのこと、たくさん楽しく学べたかな?
お姉さんたちは、元気いっぱいのみなさんととっても楽しい一日を過ごせました!

ICERCこどもECOスクールに参加してくれるみなさんとは、
これからあと4回、もっともっとイルカのことを学んでいくよ!!
みんなで仲良く、楽しく、元気に、夏をすごしていきましょうね~


事務局員Aです。

いよいよ、今週の土曜日から「ICERCこどもECOスクール」がはじまります!
あ~~~~~!!楽しみだぁ~~~~~!!!!

先週の土曜日に、最後のボランティア研修が終わりました。
今年登録してくれたボランティアさんも準備万端
あとは本番を待つのみです。

ボランティア研修第6回は、本番間近なので「実践研修」!

まずは、アイサーチの保健の先生(?)こつぶちゃんより、
『ファーストエイド講習』
firstaid

こつぶちゃんは、ライフセーバーの資格を持つ海のオンナ。
今回は、暑い暑い夏に、子ども達とフィールドプログラムを行うので、
『熱中症』の実践講習でした!
こつぶちゃん曰く、
「一番大切なのは、やさしい気持ちでいること。
そうすれば、子ども達がどういう状態かすぐに気づいてあげれるし、
彼らのために適切に動けます。やさしいイルカのお兄さん・お姉さんでいてください!」

なるほどね・・・。はいっ!こつぶ先生っ!

そのほか、「アイサーチの活動を一言で言ってみる」や「おりがみイルカの作り方」
「私の伝えたい大切なこと」の確認や、「こころがまえ」などなど。

そして最後は、私の愛する「ねんどでイルカをつくろう!」のワークショップの
新しいお姉さんたちのデビューでしたっ!

まずは、元気いっぱいのナオお姉さん!
naoiruka

つづいて、やさしいカズお姉さん!
kazuiruka

ふたりとも始めてとは思えない、りっぱなレクチャーでした~!
私も元気に優しくがんばらなくてはっ!!

こんな頼もしいスタッフが、みなさんのお越しをお待ちしておりま~す

■7月21日(土)丸の内さえずり館
■8月14日(火)国際フォーラム KIDSフェスタ
■8月18日(土)、19日(日)「夢の島ベアフットフェスティバル~Wish Flowe2007~」
sakae_obire

おひさしぶりです。
事務局員Aです。
時間もなければ、ネタもない・・・という日々ですが、
今日ばかりはだまっていられませんよ~~~

先日おじゃました埼玉の栄東高校から、文化祭の報告の写真が届きました!!
6月9・10日に、文化祭でアイサーチの展示物を使って、海の環境のことを
伝える活動をしてくださり、クラスで出したかき氷屋さんの売上げの一部を
アイサーチに寄付してくださったのです。

まずは、準備の模様から・・・
junbi_sakae

文化祭前日。わたくし、Aの事前レクチャー!
aki_sakae

みなさん、真剣に聞いてくれています。
lecture_sakae


そして、当日!!
やっぱりイルカすくいは大人気
irukasukui1_sakae

ここでは、ゴミを全部裏返しにして釣りをして、釣ったのがゴミだったらOK!!
というルールでゲームをしてくれたみたいです。なるほど~
それにしても、こどもがいっぱい とっても楽しそうですっ
irukasukui2_sakae

カキ氷屋さんも大盛況みたいですね~!
kakigori_sakae



そして、おまけ・・・
このクラスの担任の先生が体育祭でマスゲームも!
そのメッセージがコチラ。SAVE THE EAETH!! すてきです
savetheearth_sakae

イルカもいます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
iruka_sakae


大成功・大盛況の文化祭だったんですね!
一生懸命取り組んでいるみなさんの姿を見て、とっても感動しました
そして、私がすっごく元気をもらったような気がします。
栄東高校のみなさん、本当にありがとう!!!!!

世界の海がつながっているように、森と海が水でつながっているように、
みなさんとアイサーチ・ジャパンもつながっていきましょうね
2年14組、バンザイ
2-14_sakae

アイサーチ・ジャパンが発行するフリーペーパー
「FLIPPER」
今号は私のイルカ・クジラをはじめとする自然とのつながりを
大切にした暮らしをテーマに石けんについてのお話をつづっています。

-----------------------------------------------------------------
All As One ~Life with Dolphins & Whales~

     「石けんのおはなし」
-----------------------------------------------------------------


石けんは天然の油脂とアルカリが反応してできた、昔ながらのシンプルな洗浄剤。かつて家庭で石けんを作る際には、料理で使う油、そして台所や暖炉の灰と雨水を使い、長年の経験を元に灰汁を作り、石けんを仕込みました。

石けんの始まりは今から約5000年前、メソポタミア文明の頃です。山羊などの動物たちが生贄として火にかけられ、人々の祈りとともに神様への捧げものとなりました。火にあぶられた脂は木の灰の上にしたたり落ち、炎と煙は天へと立ちのぼりました。…自然に石けんができる条件が整っていたのです。たまたま手に付いたその「土」を川で洗おうとしたら泡が出てきてウソのように汚れが落ちた…それが石けんの発見だと言われています。石けんは祈りと捧げものの命とひきかえに天から人々に届けられた贈りものだったのかもしれません。

日本でも石けんが一般的に使われるようになる前には、灰や米のとぎ汁、ムクロジという植物の果皮などで洗ったり、顔などは小豆の粉や鶯の糞などで肌を磨いていたようです。

soapherb0707

アイサーチ・ジャパンではBlue Dolphin’s Natural Soapという純石けんを販売しています。私が石けんを使い始めたのもこの石けんがきっかけです。その当時、自然は好きだったけれど、環境のことなどはあまり気にしていなかったように思います。「イルカ・クジラたちの暮らす海と私たちの生活は水でつながっている。そして、その水は海から天へとのぼり、雨となりまた私たちの元へと帰ってくるのだ。」という水のつながりの話や石けんが自然界で性分解されやすいという話をアイサーチで聞き、なるほどと納得はしても、今まで疑問も持たずに使ってきたバスグッズや洗剤などを変えていくことは容易ではありませんでした。

イルカ・クジラたちと私たちの生活はつながっているということを身をもって実感したのは、島の周辺に野生のイルカが生息する御蔵島でのこと。島からイルカたちが暮らす海へと生活廃水が滝のように流れているのを目の当たりにし、私たちの暮らしとイルカ・クジラたちの暮らしはつながっているのだということを痛感しました。小さな島での暮らしは私たちの暮らしの縮図なのですね。

自然に配慮した生活は時にストイックになりがちです。私も石けんを使い始めたのは「しなければならない!」という気持ちからでした。今まで使っていたものをそのまま石けんに置き換えたのですが、使い方のコツがわからない私は、毎日がガマン大会になっていた時もありました。そんな時期を過ぎ、手作り石けんを作るようになったり、アロマテラピーとの出会いを通して、環境に配慮しながらも、私は自分がココロから気持ちよいと思える生活を創っていく愉しみを見つけました。
その後、いつの間にかアイサーチでの石けん担当になり、仕事でも石けんの開発をすることになるなど、私は石けんと何か不思議なご縁があるように思っていて、石けんに特別な愛着を持っています。でも、汚れは水だけでも落ちるもの。灰や石けんは水の洗浄力を高める「増強剤」です。その「増強剤」を使いすぎないことは一番大切なポイントなのだと思います。

今、地球環境のことを考えると本当に不安な気持ちでいっぱいになるけれど、あまり悲観的にならず、私にできることをしっかりと継続していきたい。そのためには、そのちょっとしたエコライフを自分なりに愉しむことが継続のコツなのかなと思っています。

アイサーチ・ジャパン事務局長 山口ひろみ


参考文献:「石けん屋さんが書いた石けんの本」三木春逸・三木晴雄 三水社(1992)
またまた出ました、P事務局長です。
ちょっとやる気出してみました!

さて、7月4日にありましたボランティア研修会は
コミュニケーション系のワークショップのファシリテーター
であるママッチが特別講師で開催されました。

アイサーチの展示やワークショップなどのイベントでお会いする皆さんと
お話をさせていただく機会が多くあります。
出会う人は子どもからお年寄りまで本当にいろいろな方たちです。

どんなことをお話したらいいだろう?
どんな風にお話すればいい時間が持てるだろう?
そんなことを私もいつも思います。
私は隠れ恥ずかしがり屋なので、
未だに内心ドキドキすることも多いんです。

わたしは何を伝えたくて活動してるんだろう・・・?
事務局長モードではなく個人として
改めて考えると、うぅ~~~んって考えちゃうなあ。

さてさて、研修では
お互いに相手のことをインタビュー形式で話をじっくり聞きました。
それを通じて、どんなことを一番伝えたいと思っているかを気づくことができたようです。
一言で自分が伝えたいことをカードに書いてみました。
hitocard0707


内容が似ているカードを整理すると・・・
こ~んなことを大切に伝えていきたいと思っているようです。
ボランティアのみんなのまっすぐな思いを聞いて、
わたし、感動しちゃったよ・・・
card07071


個性豊かなボランティアはいろいろな思いを持って
みなさんとの出会いを楽しみにしています。
ぜひ、アイサーチのイベントに遊びに来てくださいね!!

イルカクジラたちのことに詳しくなれる楽しいイベント盛りだくさん!
イルカクジラが大好きなスタッフがお待ちしています♪

■7月21日(土)丸の内さえずり館
■8月14日(火)国際フォーラム KIDSフェスタ
■8月18日(土)、19日(日)「夢の島ベアフットフェスティバル~Wish Flowe2007~」

ICERC子どもECOスクールの参加者も引き続き募集中です♪
 イルカクジラのディープな夏を一緒に過ごそう!
おひさしぶりです。
コチラP事務局長です(^o^)丿

1つ前に事務局員Aからご報告いたしました通り、
たま川でBBQを堪能してまいりました。

千葉県在住の私には、2時間ほどかかる場所でのBBQです。
遠すぎます・・・
が、しかし!
O一家主催のBBQは遠くても行く価値のあるBBQでありました。
昼間からビールとかシャンパンとか飲んじゃって、
すっかり気分をよくしていたわたくしですが、
少しは働かないといけないかな?などと思い、
お茶の買出しに行きまして、戻ってくると・・・

なんだかキャンプファイヤーのような様相であります。
ukulele07071


そして、その中心でウクレレを弾いていたのは
だ、だいひょう!!!
・・・いつの間に練習していたんでしょうか?

彼と一緒に活動しはじめて、10年以上が経ちますが、
また新たな一面を見せていただきましたm(__)m

このウクレレを持参したのは事務局員Aなのですが、
まだ腕が未熟のようで、
「ウクレレに合わせて大きな声で歌う係」になっておりました。
ukulele07072


こんな恥ずかしいくらいさわやかなアイサーチの人々を見るのは
久しぶりでした。
わたくしもココロ洗われるシーンに立ちあうことができて、
よかったです。

そんなわたくしも、実はウクレレを持っております。
今はまったく弾けませんが・・・
・・・次のBBQでは私のウクレレで歌えるかもよっ!!!

またイルカクジラ話じゃないところで、熱心にブログを書いてしまいました。
反省・・・
iwashi

事務局員Aです。

昨日、アイサーチの一部のメンバーで集まって、
たま川丸子橋下でBBQをやりました!

雨だろうな~と思っていたのに、晴れ間もみえるようなお天気に!
腕や首が真っ赤になってしまって、ヒリヒリです

こちら、大人チーム。
タープ下で、食べる、食べる!
bbq1


こちらヤングチーム。
タコヤキやお肉など、焼く、焼く!
焼きたてが食べれる特権あり!
bbq2


おなかがいっぱいになったら、
サッカーや、フリスビーや、バドミントンで身体を動かしたり、

代表が弾くウクレレに合わせて、一同大合唱
これはほんとに、『ひとつになった』 感じがして、気持ちよかったね~。

「川に入りた~い!」と水辺へ向かう途中、目に付くゴミをどんどん拾いました!
ラクロスやラグビーなどが練習してたからか、
テーピングとウェットティッシュのゴミがやたら多かった。
(汗ふきシートだったの・・・??キャー!!イヤー!!)
そして、タバコのフィルターはやっぱりここにもたくさん。
袋にまとめられたゴミが、橋の下に放置されていました。誰が回収するんだ??
(この日は私たちが回収しました。)


そ・し・て・・・
コレ!!
bbq3

入っちゃいました~。
みんな、海も大好きだけど、川も大好き!
すっごいいい笑顔です
「このまま海まで歩いていきたいね~」と、けっこう本気で
スタンド・バイ・ミーしそうな勢いでした

仲間と外で遊ぶのは、サイコーです!
楽しかったね~
今回参加できなかった人もいるので、またぜひやりたい。

BBQの計画や準備してくれた、O一家!
ありがとうございました!!
またやりましょうね~~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。