上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.30 皆既月食
gesshoku1

事務局員Aです。

8月28日は、皆既月食でしたね。
天気予報は、夕方から雨。
東京エリアはダメだったみたいですね。

わたくしAは、親子で地球を感じるネイチャーワークショップ「月と日の神秘を体験する」
という、アイサーチのメンバー・ママッチが企画するワークショップに参加してきました。

場所は、由比ガ浜。
事務所を飛び出し、電車に乗って、銀座から鎌倉まで!
夏が終わるさみしさもあり、どうしてもビーチで月が見たかったんです。

この日のながれ・・・
1.駅でバッタリ会ったアイサーチメンバー・Eちゃんと、集合時間まで、
  まだオープンしている夜の海の家で軽く生ビールをひっかける。
2.集合場所を間違えてたことに気づく!
3.なんとか間に合って、同じくアイサーチメンバー・Kちゃん、Nちゃん、Tっちと合流
4.参加者全員で海に行く。海に入る!(ぬるくて気持ちよかった~)
5.ママッチの月食の説明と、宇宙のふしぎのお話を聞く
6.ハイネケン片手に、民俗音楽のライブを聴く(また飲んでる・・・)

バンドの背後に欠けた月があるはず、ということでしたが、
もう私はあきらめていました。
だって、真っ暗。星ひとつない曇り空。
でも、みんなと砂浜に座って、ビール飲んで、ステキな音楽に耳をかたむけて、
「コレでよしっ!」っていうくらい良い気分になっていました。
ところが・・・


出たーーーーーーーーーーー!!!!!!



gesshoku2

出たんです。出たんですよ~~!!ウォ~~~~~!!!
スタッフ・バンド・参加者全員が、ひとつになった瞬間でした!

雲から出たり入ったりしながら、欠けた月はだんだん大きくなっていきました。
雲から出るごとに少しずつ大きくなってるのが不思議で、月食を実感しました。
夜の月が欠けたり満ちたりするのが、太陽のしわざっていうのが不思議です。

終わりがけに大粒の雨が降ってきて、今宵はおひらき。
私たちも傘をさして帰ることにしました。

帰り道・・・
まだ波の音が聞こえてくるあたりで、月は真ん丸になりました。
雨もやんで、私たちは、月が最後まで丸になるまで、口をあけて空を見上げていました。
『つながり』 感じちゃったな~~~
ありがとう、お月さま!!

gesshoku3

スポンサーサイト
0826group3

事務局員Aです。

昨日8月26日は、ICERCこどもECOスクールの最終回、
ふりかえりワーク 『スナメリのため、海のためにできることを考えよう』 でした!!

みんながこの夏エコスクールで学んだこと・気づいたことを、
ぜ~~~~~~んぶ確認して、まとめてみよう!

グループごとに4回分のワークシートを再確認。
0826group1

0826group2

次に、「はじめてわかったことベスト3!」「私たちが伝えたいこと」、 
「これから、スナメリのため、海のために、私ができること」をまとめて、
グループごとに、レッツ・制作!!
0826seisaku2

0826seisaku4

0826seisaku5

0826seisaku6

さぁ!!いよいよ 『発表』 です。
グループごとに、とっても元気にしっかりと発表してくれました。
0826happyou1

0826happyou2

0826happyou3

0826happyou4

★こんなことを伝えたい!
「荒川には高級エビがいること」
「スナメリという生き物が、身近な場所にいること」

★スナメリに伝えたい!
「私たちはゴミをすてません!」
「人間もイルカのために活動してるから、安心してくらしていいよ」

ひきつづき、事務局員Aです。

海でスナメリに会ったあとは、室内にもどりお約束どおり
「ウォッチング船の船長に質問タイム!」
みんなグループを代表して、元気にしっかり発表できました。
「今日見れたスナメリの群れは何頭くらいですか?」
「スナメリのオス・メス、年齢の見分け方は?」

などなど。
070820_11

070820_12


お昼ごはんを食べたら、
海のスペシャリスト・笹森琴絵さんの興味深いお話です!!
070820_14

みんなとっても興味深深です。
070820_15

「スナメリの等身大ってこのくらいなんだよ~~♪」
070820_16

みんなでスナメリと記念撮影!
070820_17

070820_18

070820_19

070820_20


銚子海洋研究所の船長、笹森琴絵さん、そして会場の銚子マリーナの方々、
ご協力ありがとうございました!!!


まだまだ続きます。
070820_1

事務局員Aです。

ICERCこどもECOスクール第4回「スナメリが暮らす海へ行こう」で、
8月20日(月)みんなで千葉県の銚子へ行ってきました!

数日前まで天気予報では降水確率80%・・・
「みんなと一緒に太陽の下でスナメリに会いたい!!」という一心で、
Aはとうとう事務所に「てるてる坊主」を作りましたよ。

そ~したらぁ~~~!!!
晴天っ

みんなの願いは、おてんとさまに届きました!
バスで2時間半ゆられたら、さっそくスナメリの海へイルカウォッチング!
みんなドキドキで船まで歩いていきます・・・
070820_2

船の前で、船長やガイドさんとごあいさつ。
070820_3

そして、いよいよ乗船ですっ!
070820_4

今回は特別、みんなのウォッチング旅のお供に、北海道の室蘭の噴火湾で、
ウォッチングガイドや、野生動物調査員、またカメラマンである、
海のスペシャリスト・笹森琴絵さんより、『上手なスナメリの見つけ方』を伝授してもらいました!
070820_5

準備完了!デッキへ出てスナメリを探します!
070820_6

070820_7

070820_8

どこだ~??スナメリちゃ~ん!!
070820_9

070820_10


見れました!会えました!
ちょっと船に酔っちゃって、残念ながら見れなかった子もいましたが、
ほとんどの子が「野生のスナメリ」に会うことができました。
今日の群れは4,50頭とか。
たくさん見れた子は、そのうちの10頭くらいは見れたようです。

午後の報告へつづく・・・。
070819nendo

ひきつづき、ベアフットフェスティバルで生まれたイルカたち。
8月19日生まれの子達です。

とってもなめらかに出来上がっていますね!
ツルツルしてそうで、さわってみたいです。

上手に作ることができました!!!
イルカたちのこと、大切にしてくださいね~。
参加してくれて、どうもありがとう!
070818nendo

事務局員Aです。

8月18日(土)、夢の島ベアフットフェスティバルで生まれたイルカたちです。

この日はグレーな通称「マジイルカ」。
本物のイルカの色と同じだから、スタッフの間でそう呼ばれています。

イルカちゃんに、イルカくん。
お名前がかわいい子たちですね~!!

お口があいてる応用バージョンが2頭います!
見つかるかなぁ~???

0819stuff

事務局員Aです。

8月18・19日に、「夢の島ベアフットフェスティバル」に出展しました!!
上の写真は、スタッフ3姉妹
暑い中、テントの中でノリノリのアイサーチスタッフたちです。

このイベントは、
「いつまでもはだしで海岸を歩けるように、子供たちにきれいな海を残したい」と、
花や音楽をとおして、海の大切さを伝える活動をしているベアフット協会が主催のイベント。
私たちは、ワークショップコーナーに出展させていただき、
1日4回ワークショップを実施しました。
barefoot_ws1

barefoot_ws2

barefoot_ws2


そして、もちろん!!
屋外イベントには持ってこい!!
みんな大好き、「イルカすくい」も。
barefoot_sukui1

barefoot_sukui2


元気な子ども達と、楽しい2日間を過ごすことができました!
イベントに出展させていただきました、ベアフット協会のみなさま、
運営スタッフのみなさま、本当にありがとうございました!!
070814_2-1

070814_2-2


つづきまして、「丸の内キッズフェスタ」で11:15~の回で生まれた
とってもピンクなイルカたちです。

今年、映画にもなった「フジ」もいるし、
上半身も下半身も反り上がってる運動神経抜群の子、
中国からのお友達、
あ!!ベルーガも!!

とっても個性的でゆかいな仲間達ができました!!
上手に作ってくれてありがとう!

大切にしてくださいね~!!



070814_1-1

070814_1-2

事務局員Aです。

8月14日、「丸の内キッズフェスタ」@東京国際フォーラムで
生まれたイルカたちです。

この回は、あわ~いグリーン。
みんな、とっても上手にできましたね!!

あ!
ヨウスコウカワイルカがいるっ!!

お口がパカッとあいてる子や、
ながーーーーーーーーい子や、
ウィンクしてる子もいます!!!

0814obire

0814tshirt

事務局員Aです。

8月14日、東京国際フォーラムで『丸の内キッズフェスタ』というイベントに
出展してきました!!
『イルカをつくろう!』のワークショップを2回実施しました。
0814nendo1

0814nendo2

0814nendo3

この日生まれたイルカたちは、後ほどご紹介します。

ほかにもたくさんのゲームや展示物が・・・

毎度おなじみ、『イルカを救おう!イルカすくい』
0814sukui1

sukui2


今年デビューした『イルカ・クジラすごろく』は超人気!!
0814sugoroku1

0814sugoroku2


こちら、ワークショップ中に話す、アイサーチキッズボランティアT君と、
イルカやクジラが大好きで一人で遊びに来てくれた中学生の男の子。
なにやら、真剣に話しています。
0814toru

↑の二人の話の内容は、とってもマニアック。イルクジマニアトークです。
私も最初は話に入ってたのですが、どんどん難しい話になっていくので、
そぉ~~っとその場を離れちゃった・・・(あー、なさけない

そんなこんなで、とっても大きな会場で、アイサーチ、フルパワーで
イベントやってきましたよ!
遊びに来てくれたみなさん、どうもありがとう!!
イベントの企画してくださったみなさまも、ありがとうございました!!

mokuroku

事務局員Aです。

先日、BE:BUNNY'S PADOCK(ビバニーズ・パドック)という、
理美容業界に環境にやさしい商材を販売している会社から
2度目の寄付をいただきました。

なるべく自然環境に負担をかけないために、水をなるべく汚さないために、
商品の開発をされています。
アイサーチと目指しているところが似ているということで、
私たちの活動をご支援くださっています。

いただいた寄付を決して無駄にせず、
私たちの活動に使わせていただきます。

いつも、ありがとうございます!!
2007.08.10 夏本番!
zatouposter

事務局員Aです。

いやぁ~、暑いですね!!
今日は36度もあったとか。猛暑ですね。

今日明日あたりから、社会人の方はお盆休みだったりしますよね。
学生さんは、夏休みを楽しく過ごしているでしょうか?

上の写真は、私の最寄の駅に貼ってあったポスターです。
なるほどね~
文面もいいですが、イラストもいいです。

まとまったお休みの取れる方、いつもごくろうさまです。
『ほっとWEEK』を過ごしてくださいね!

アイサーチは、夏の活動真っ盛り!!
8月14日には、丸の内キッズフェスタ
8月18・19日には、夢の島ベアフットフェスティバル
みなさん、どしどし遊びにきてくださ~い!!!

Have a nice summer vacation!!
事務局員Aです。

ICERCこどもECOスクール第3回の報告の続きです。

午前中の川でのプログラムは無事終わり、みんなで川辺でお弁当。
暑くてクタクタのはずなので、みんなのパワーはおとろえず・・・
0809lunch

たそがれるチーム・・・
0809lunch2

サルになるチーム!!
1匹目。
0809tree1

2匹目。
0809tree2

3匹目。
0809tree3

セミや、セミの抜け殻に夢中なチーム!
0809semi1

0809semi2


そして、お昼からは場所を移して、今日の復習。
室内でのワークショップです。
今日、どんなものを見て、何を感じたのかな?
「川なのに潮がひいてた」
「いろんなゴミがたくさんあった」
「生き物がたくさんいた」
「川の水が逆流していてびっくりした」

0809ws1

そして、荒川の先生たちにいろんな質問をさせてもらいました。
みんな、元気いっぱい、たくさん質問してくれたね!
「荒川の生き物の種類って何種類?」
「干潮の時間の長さは?」
「荒川の深さは?」
「なんで荒川っていう名前?」
「荒川の砂の種類って?」

0809ws2

みんな今日の荒川で、いろんなことに気づいて、いろんなことを感じて、
いろんなことに興味をもつことができました。

みんなが今日見つけたゴミの多くは、『品物の入れ物』でした。
お弁当の容器、飲み物のペットボトル、ゼリーのカップ、などなど。
自然にかえらないこれらのゴミは、町から川へ、川からイルカたちの暮らす海へと、
ながれていってるかもしれないのです。
『なるべくゴミを出さない生活をする!』と、みんな言ってくれました!

川の流れとそこに住むたくさんの生き物、人の暮らしと同じような生活がありましたね。
自然の中で、たくさんのことに気づくことができました!
子どもたちはじめ、スタッフ一同もすばらしい体験ができました!

このプログラムでご協力いただきました、荒川クリーンエイドフォーラムのみなさん、
楽しく興味深いプログラムを、本当にありがとうございました!!
0809zentai

070809arakawa

事務局員Aです。

今日は、
ICERCこどもECOスクール 第3回 フィールドプログラム1
「スナメリと私たちの暮らしのつながりを知ろう」の回で、
江戸川区の荒川河口へ行ってきました!
お天気は快晴!!暑かったね~。35度もあったらしいよ。

まずは、みんなで生き物の観察をしながら、クリーンアップ。
0809cleanup1

生き物の死骸や山から流れてきたクルミなどもあったけど、
ほとんどが燃えないゴミ。いろんなゴミがおちていました。
0809cleanup2

0809cleanup3

ちょっと息抜き。バッタの大捜査網!!
みんなで円になって、足を鳴らしながら円を小さくしていくと、
円の中にたくさんのバッタが集まっていきます。おもしろかったね~!
0809batta1

0809batta2

おおきなクモもいました。
みんなで虫めがねでじっくり観察。
0809kumo1

0809kumo2

荒川の水質調査をして・・・
0809suishitsu

いざ、干潟へ!!
ここは、淡水と海水が交わるところ。潮がひいた後、干潟ができるのです。
この時間は、干潮から満潮にむかう時間だったので、水は海側から山側へ逆流していました。
higata2

干潟には、シジミ、カニ、ハゼ、などが住んでいます。
「生き物先生」の橋本さんが、投網でヤマトエビというエビをとってきてくれました。
スーパーには売ってない高級なエビで、とってもおいしいんだそうです。
そんなエビや、いろんな生き物がすんでいるんですね。
みんなもう夢中!!楽しいお話がたくさん聞けました!
higata1

higatra3


つづく・・・

2007.08.02 南の島の風
kogisan1

事務局員Aです。

さて、この人は誰でしょう?????







070731nendo1

070731nendo2

事務局員Aです。

7月31日(火)ICERCこどもECOスクール第2回で生まれたスナメリたちです。

あまったねんどを使って、ちびスナメリを作ってる子もいます。
あまったねんどで、スナメリ以外のものを作った子もいます。

みんなとっても上手にできました!
山と川と町と海が『水』でつながっているということも、
みんなちゃ~んとわかってくれていましたね。

スナメリの特徴、よくわかったかな?
海で本物の野生のスナメリに会えるといいね!
ekosuku2_1

事務局員Aです。

昨日、7月31日(火)は、ICERCこどもECOスクールの第2回でした!
2名欠席の15名の子どもたちと、イルカのお姉さん・お兄さんたちと
「沿岸に暮らすイルカ『スナメリ』について知ろう」の室内ワークショップ。
5回のプログラムのうちの1回で会いに行く『スナメリ』というイルカのことについて、
区民館の和室でワイワイと楽しく学びました。

でもこの日は、プログラム参加の子どもたちが、はじめてメンバーだけで活動を始める日。
まずはみんなが仲良くなることが一番大切です!

そこで、ウォーミングアップ!「みんなで海へ行こうよ!」ゲーム!
お姉さんが『スナメリ』といったら4文字だから4人組をつくり、
『ザトウクジラ』だったら6人組を作ります!
ekosuku2_2

スタッフの紹介!!でもみんな、お姉さん達の名前をもう覚えてくれていました!
ekosuku2_3

自分で名札に名前を書いたら・・・
ekosuku2_4

次は、自己紹介ゲーム!!できたてホヤホヤのゲームです。
まずはグループ対抗戦!
ekosuku2_5

今度は全員のお名前が言えるかな??
ekosuku2_6

楽しく盛り上がり、お友達のお名前を覚えて、お昼休みはみんなでお外でお弁当タイム。
ご飯のあとは鬼ごっこでも大盛り上がり!すっかり仲良しのお友達です。

お昼の後は、いよいよスナメリについて学びます。
まずは、「ねんどでスナメリをつくろう!」
みんなのねんどのスナメリは、のちほど紹介します。
ekosuku2_7

ekosuku2_8

ねんどの後は、みんながお家で調べてきてくれた、『スナメリ』と『銚子』について
グループごとにまとめていきます。しっかり宿題をやってきてくれたね~!
ekosuku2_9

ekosuku2_10

グループごとにまとめた『スナメリ』と『銚子』のことを、みんなの前で発表しました!
みんなはずかしがらず、大きな声で堂々と立派に発表できました!
ekosuku2_11

ekosuku2_12

でも、まだまだスナメリのこと、わからないことがたくさんあります。
「スナメリが好きな魚って?」
「スナメリもゴミを食べちゃうことあるの?」
銚子へ行ったときに、イルカウォッチングの船長さんに聞いてみようね。

次はみんなで川へ行きます。
みんなの町の近くの川と、イルカたちの住む海ってどんな風につながっているのかな?
楽しみにしていてね!!


この日の夜、スタッフメンバーで今シーズン初の懇親会!
仕事などでECOスクールに参加できなかったボランティアも合流して、
今日の報告をしたり、イルカの写真をみながら、楽しい夜を過ごしました。
スタッフも絶好調!ECOスクールはまだまだ続きま~す!!
ekosuku2_13

naoakky

事務局員Aです。

昨日は、ECOスクールの第2回目だったのですが、
その前日、子どもたちのグループリーダーをやってくれる二人、
NちゃんとAッキーが準備のため事務局に来てくれました!

第2回目とはいえ、子どもたちの始めての交流になる回なので、
「なにか楽しい自己紹介ゲームを考えよ~♪」と二人でワイワイやるのかと思ったら、
意外や意外、けっこう黙々とじっくり考えています。
ホワイトボードまで使って作戦ねってるではないですか!?

途中、「何を書いてるのかな~?」と見にいってみると、「what」「why」「how」など。
あ~~~~!!!
コレ、展示物の制作研修の時に、K隊長がレクチャーしてくれたヤツだ!
「伝えたいメッセージを展示物に反映させるために、5W1Hを使って考えよう。
だれに、なにを、なぜ、どんなふうに、伝えたいのか・・・」というお話。

彼女達は、子どもたちに仲良くなってもらうゲームを、この手法で考えてたんです。
やるなぁ~。そして、ありがとう!
ボランティア研修をやったカイがありましたよ、K隊長!
本番の様子は、のちほど報告しますね!


そして彼女たちが帰る頃・・・

「こんにちは~~~」

ん?だれ?


あ!!!!!! やすみん!!!


そうです!2005年の愛・地球博「地球市民村」で同じ8月に出展していた
中部リサイクルの やすみん が遊びにきてくれました!
あ~~、再会の喜びで冷静さを失い(大げさ?)、
やすみんの写真を撮るのを忘れた・・・ 残念。
打合せにやってきたP事務局長も合流して、「村」の思い出にしばしひたったのでした。

やすみん、遊びにきてくれてありがとう!!
おみやげ、ほんとにありがとう!! 
今度はメリメリしようね~。
yasuminmerio

070726nendo1

070726nendo2

事務局員Aです。

7月26日、丸の内さえずり館国際交流プログラムで生まれたイルカたちです!

言葉がなかなか通じない中で、とっても上手に作ってくれました。
みなさんの名前は、ロシア語と台湾語のお名前です。
カタカナでフリガナをふってくれてる子もいます。
イルカの絵を上手に描いてくれた子もいます。
スパイダーマンもいたの???

プログラムのあと、ロシアのお菓子をくれた子もいました。
引率の各国の先生方とも、握手をしたり、ハグをしたり、
とっても国際的な交流でした!!

謝謝!!再見!!
Спасибо(スパシーバ)!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。