上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、P事務局長です。
先日、東京・ビックサイトで開催された展示会でお披露目されたのですが、
アイサーチ・ジャパンのロゴ入りエコバックが株式会社遠東商会より製作・販売されることとなりした!
giftshow0909
実はこのエコバック、アイサーチを支援するエコバックなんです。

ecobagkyanbus1
●36-IJ アイサーチ・ジャパンキャンバストートバッグ ¥682(税込)
たくさん物を入れても丈夫な無漂白キャンバスバッグです。
エコマーク認定商品です。
Jecobagcotton1
●101-IJ アイサーチ・ジャパンコットンバッグ ¥294(税込)
無漂白でナチュラルテイストなコットンバッグです。
エコマーク認定商品です。

名入れ可能なので、イベントやキャンペーンなどのノベルティーグッズとして、ぜひご活用ください。
そして、個人の方でも1枚からご購入可能です!
アイサーチのオンラインショップでも販売予定ですが、すでにコチラでは発売を開始しています!
▼遠東商会のエコバック屋さん

みなさん、エコバックを通して、ぜひアイサーチをご支援ください!
スポンサーサイト
ニタリクジラやマイルカなどと出会える、歴史あるホエールウォッチングポイント、
高知県・黒潮町にて、土佐湾ホエールウォッチング会議が開催されます。
興味のある方は砂浜美術館までお問い合わせください♪
アイサーチが事務局を務める、イルカ・クジラウォッチング全国ネットワークで
おなじみの鯨人たちがパネラーとして集います。
----------------------------------------------------------
■開催日2009年9月30日(水)

【スケジュール】
9:00 ホエールウォッチング(事前申込)

13:30  パネルディスカッション(一般公開)
 (パネラー)大坪 弘和:座間味村ホエールウォッチング協会
        加藤 秀弘:東京海洋大学
        小木 万布:御蔵島観光協会
        笹森 琴絵:海洋生物調査員・自然写真家
        森 恭一:帝京科学大学

18:30   交流会(事前申込)
----------------------------------------------------------
詳しくは大方遊漁船主会/NPO砂浜美術館
e-mail:kujira@sunabi.com
TEL: 0880-43-1058
2009年9月19日(土)シルバーウィークの初日。
板橋区立教育科学館で教室を開催してまいりました!
板橋区立教育科学館が主催した「秋だ!科学のびっくり箱」という
イベントの初日に実施させていただきました。

まずは、「イルカ・クジラトリビアクイズ」。
いつも行っているものの豪華版をこの日のために準備し、
ウルトラクイズの気分で実施!
itabashi0909191
ボランティア3人組ががんばって司会進行をしてくれました♪

itabashi0909192

そして、クイズの中で出てきたシロナガスクジラの大きさを
会場いっぱい使って体感しました!
大きすぎです・・・。
itabashi0909193

そして、次はおなじみ、粘土でイルカをつくりながら学ぶ「イルカをつくろう!」です。
itabashi0909194
子どもたちが作ったイルカはコチラのページをご覧ください♪

さらに、おりがみ・ぬりえコーナーも。
みんなでイルカとクジラを折りました!
itabashi0909195

ご参加くださったみなさん、板橋区立教育科学館のみなさん
どうもありがとうございました!

ボランティア視線のアイサーチボランティアブログもぜひご覧ください♪

9月19日、板橋区立教育科学館で生まれたイルカたちをご紹介します♪

nendoirukaitabashi090919

アイ・サーチという名のイルカがいますっ!
初めてかなぁ~?そんな名前をつけてくれた子・・・
ありがと~!
こんにちは、みずまです。

秋の5連休です!
いつの間にか”シルバーウィーク”なんて名前がついていましたが、その連休初日、板橋区立教育科学館でのイベント開催となりました。
教育科学館では、連休中「秋だ!科学のビックリ箱」ということで、毎日日替わりで科学の特別イベントが開かれていました。
その一日目が、こんな↓メニューでイルカ・クジラのイベントイルカ
板橋区立教育科学館

まず最初のメニューが、初の試みとなったトリビアクイズの豪華(?)版。
普段フリップで実施しているトリビアクイズに解説を加えたものをプロジェクターに映して大人数で○×クイズ。
元ネタのファイルをパワーポイントで作成したのですが、実は最初ちょ~っと勘違いして別モノを作ってしまい没がーん
(いつか日の目を見る日が来るでしょう・・・)

パワーポイントの利点を活かして、普段のトリビアクイズでは見られない写真を織り交ぜたり、シロナガスクジラの長さ(30m!)を体感したり、ヒゲクジラの餌の採り方を実演したりと、盛りだくさんにしてみました。
ただ、時間が長かったかな・・・

でも今後のイベントで使えそうなプログラムが増えたのは収穫でした。
ブラッシュアップして、より楽しく学べるものにしていきますオー!

トリビアクイズの次は、おなじみ「粘土でイルカを作ろう」
板橋区立教育科学館
すっかりイベントのことを忘れて、おねえさんが遅刻したなんてことは大きな声では言えません秘密
「きっとまた夕べ飲みすぎたんだよ~」なんて勝手なことを言いあっていたのも秘密です秘密

そんなことはさておき、上の写真のロビーで粘土イルカのワークショップが行われました。
普段は教室のようなところでやることが多いので、開放的な会場でやるのはちょっと妙な感じ。

今回、こだわってパーツを作り直したりする子が多かったせいか、みんな上手にイルカを作り上げていました。
(できあがったイルカたちは事務局ブログにて)

そして、最後のメニューがおりがみ工作。
板橋区立教育科学館

イルカとクジラのおりがみを作るのですが、あまり口も手も出すこともなく、手順を見ながらさささっと作れてしまう子供たちばかり。
何度も作っているはずなのに「ここどうするの?」「ここどうなってるの?」と毎回聞いてる大人(自分のことです・・・ぽ。)とは大違い。
この科学館に通いなれてる子供たち、科学好きということもあって器用な子が多かったのかな。

この板橋区立教育科学館、科学のことをわかりやすく体感できる装置がたくさんあったり、プラネタリウム星があったりと、今度は一般客としてじっくり来てみたい施設でした。
しかも入館料無料とは、やるなぁ板橋区。
こんにちは、みずまです。

8月11日より、東京・青山の地球環境パートナーシッププラザ:GEICにて開催していた展示イベント「イルカ・クジラ ステーション 2009」が、9月12日をもって終了いたしました。

さっそく撤収作業となったわけですが、あんなに手間取っていた設営作業とは打って変わってとてもスムーズ。

こんな↓だった展示スペースが・・・
イルカ・クジラステーション2009

あっという間に・・・
イルカ・クジラステーション2009

ついこの間設営したばかりだと思っていたのに、早いですね~1カ月って。
「イルカ・クジラステーション2009」に来て頂いたみなさん、ありがとうございました!
こんにちは、P事務局長です。
9月5日(土)粘土でシャチを作りながら、シャチのカラダや生態について
学ぶプログラムを開催しました。
shachi0909051

今回はいつもより大きめ。
shachi0909052
パーツもものすごいたくさんあって、準備が間に合わないほどでした。
大人が集中して作るシャチ。楽しい時間でした。

shachi0909053
でも、どうですか?なかなかよくできていますよね!
シャチのカラダの模様がどうなっているかって、よくわからないでいました。
なるほど~と思いながら私も作っていました。


この日は会場である国連大学ビルの前ではファーマーズマーケットが開催されていました。
オーガニックだったり、こだわりの野菜やジャムなどおいしそうなものがいっぱい売っていました!
shachi0909054

展示イベントも今週の土曜日の13時まで。
ファーマーズマーケットを愉しみつつ、展示にもぜひお立ち寄りください。

ご参加くださった皆さん、どうもありがとうございました!
9月5日に生まれたシャチたちです!
今回初めて開催した「海の王者・シャチをつくろう!」でじっくりとおとなたちが
シャチを作りました。
このシャチたち、いつものイルカたちよりずっと大きいサイズです。
いかがでしょう?

orcanend2090905

11月24日に有楽町駅前の丸の内さえずり館におきまして、
このシャチをつくるワークショップを再度開催いたします。
ぜひ、ご参加くださいませ♪
▼詳しくはコチラ
2009.09.06 大人のシャチ
こんにちは、みずまです。
夏休みに帰省していたりしてたら、すっかり間があいてしまいました。
今回の帰省で、ん十年ぶりに”さんふらわ”船に乗りました。
船からイルカかクジラか見えないか、波間に目をこらしてみましたが、残念ながら見つけられず。
でも船から眺める満天の星空夜空に満足でした。

さて9月5日、展示イベント開催中の青山GEICにて、「海の王者・シャチをつくろう」のワークショップが開催されました。

シャチのワークショップは今回が初めて。
なんといっても白と黒のボディが特徴のシャチ。
それを再現するには必然的にパーツは多くなり、準備が大変汗
スタッフは12時15分集合というのをなぜか12時半集合と勘違いしていたのは、ここだけの秘密です・・・

講師は、造形が本業の成田さん。
海の王者・シャチをつくろう

今回は参加の方も少数精鋭ということで、サポートスタッフとしてではなく参加のみなさんと一緒にシャチを作りました。
イルカやクジラのものに比べてパーツは倍以上。
いやはやよく考え付くものです。
黒と白のパーツを駆使して、できあがったのがこれ↓
粘土シャチ
大きな背ビレも凛々しく、カッコいいシャチの出来上がり!
8月28日(水)は秋葉原のDOWAホールディングス様にて
「イルカをつくろう」を中心とした海の環境学習教室を開催させていただきました。

dowairuka3
眺望のよいとってもきれいなビルでした!

CSR報告書の表紙絵に、従業員の子供から応募した絵を採用しており、
その表紙絵受賞者及びその他従業員の子供たちを対象に、毎年、
環境教育と表彰式を行なっているそうで、
本年度は、「生物多様性」をテーマにしており、このテーマに沿ったイベント
を行いたいとのことで依頼がありました。
dowairuka1

dowairuka2
参加者は子供50名弱、大人30名位で、大きな会場だったので、
ザトウクジラもななめに入る大きさです。
このロープの手元から奥の壁にかかっている尾びれのタペストリーまでの
大きさがザトウクジラの大きさ。
やっぱり大きいのです、クジラって。

▼子どもたちが作ったイルカはこちら

ご参加くださった皆さま、DOWAホールディングスの皆さま、
どうもありがとうございました!
私たちにとってもよい経験となりました。

企業様や自治体からのご依頼で、海の環境学習教室を開催させていただくことが
可能です。
ご興味をお持ちの方はぜひ、ホームページより案内をご覧ください。
ご相談のうえ、可能なプランをご提案いたします。


▼詳しくはコチラ
8月28日(金)は秋葉原のDOWAホールディングス様にて
海の環境学習教室を開催させていただきました。

43頭のイルカたちが生まれました!

nendoiruka090828

ダンボという名前をつけた子に聞くと、粘土がダンボ色だから・・・との答え。
なるほどね~
そっか、そっか。この色はたしかにダンボの色だな~と思いました。
ただの水色だと思っていたです・・・。発想が貧しいすぎますね、私。
こんにちは、P事務局長です。
8月26日(水)、青山の地球環境パートナーシッププラザで2回目の海の環境学習教室を
開催しました。
この日は平日とあって、参加者も少なく、のんびりとした雰囲気。
kyoshitsu0908264
その割にスタッフが足りなくて、私たちは大忙しだったんですが、
心強い助っ人が関西からやってきてくれました。

元事務局員Aこと、あきちゃんです。
kyoshitsu0908262
この水のつながりのお話が大好きなあきちゃんは
新たに投入されたこのタペストリーにご満悦な様子で熱心に子どもたちに
お話をしておりました。
あきちゃんの熱い思い、伝わったかな~?

kyoshitsu0908261
静寂な空気が流れるこの会場で、大きな声で「イルカをつくろう」を行いました。
参加してくれた子どもたちも、反応がかわいくて最高でした!

kyoshitsu0908263
そして、久しぶりに沖縄在住スタッフのみゆきちゃんもやってきてくれ、
5才の娘、みふうちゃんもイルカ作りにチャレンジ!

この日は小さな子も参加していて、とってもかわいくて、楽しかったです。
参加してくれたみんな、どうもありがとう!!

▼子どもたちが作ったイルカはこちら
8月26日、青山の地球環境パートナーシッププラザで海の環境学習教室を開催しました。
この日は「イルカをつくろう」を2回開催。
「本気イルカ」と私たちが呼ぶ、グレーのイルカたちを子どもたちとつくりました!

090826irukanendo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。