上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボランティアメンバーのなおちゃんから、学生のみなさんで立ち上げたフォーラムのおしらせです矢印


2010年3月6日~7日に、東京海洋大学で「海辺の学生フォーラム2010」を開催します!!
テーマは“海辺の未来に生きる 僕らの描くリーダー像”というもので、海辺の未来を、海に「学」び親しみながら「生」きている僕ら「学生」で考えていこう!(※現役大学生でなくても大歓迎)というフォーラムです。
海をテーマに学び活動をしている人々で交流しあい、海辺の未来を担うリーダー像を創造していきます!
HPはこちら→http://www.popoftheworld.net/sssf/
募集要項(詳しい内容)はこちら→http://www.popoftheworld.net/sssf/data/yoko.pdf

この「海辺の学生フォーラム」は、2009年3月に石垣島で行われた「海辺の環境教育フォーラム」に参加した大学生たちで、「学生主催で海辺のフォーラムを開催したい」と考えて実行委員を立ち上げました!
※「海辺の環境教育フォーラム」についてはこちら→http://interpreter.ne.jp/umibe/what.html


こんにちは、大学大学を卒業して早1x年・・・、みずまです。
ぜひぜひ興味ある学生のみなさん、3月の予定を空けて、海辺海の環境教育のことじっくりと語りつくしてください。
詳しくは上記URLで。
スポンサーサイト
こんにちは、P事務局長です。
11月24日(火)の夜に丸の内さえずり館にて、海の王者・シャチをつくろうを開催いたしました。
9月にも1度開催したのですが、今回はもう少し短時間で、作りやすく改良したバージョンで
楽しんでいただきました!
orcanend0911241

今回の講師はアイサーチのスタッフで、フィギュアなどの原型を作る造形職人・成田穣。
海を愛する熱い男です。
orcanend0911242

orcanend0911243
お仕事帰りにご参加いただいた方や名古屋からご参加いただいた方など
さまざまな方が集中して作っておられました。
こうして何かに没頭して「つくる」時間を持つと、リフレッシュしますよね!
次回の開催は未定ですが、次の機会には、ぜひご参加をご検討くださいませ♪

ご参加いただいたみなさん、丸の内さえずり館のみなさん、
どうもありがとうございました!

【おまけ】
2頭目のシャチを作って、ご満悦なアイサーチボランティア、のりしお君(自分撮り)
orcanend0911244
11月24日、丸の内さえずり館で生まれたシャチたちです!
20代から50代までみなさん、童心にかえって作っておられた姿が印象的でした♪

nendoorca0911242
11月24日は、大人のためのワークショップ「海の王者・シャチをつくろう」でした。
こんにちは、みずまです。

定時の17時半、ピンポンダッシュのように会社から逃げ、丸の内さえずり館小鳥

先日の打ち合わせから若干作り方が簡素化&変更になった部分を確認し、いざ本番。
前回の大人のワークショップに来て頂いた方もいらっしゃり、うれしいかぎり。
さすがに大人だけあって、手取り足取りのサポートのもさほど必要なく、和やかにシャチ談義に花を咲かせつつ楽しく時間が過ぎていきました。

シャチの特徴と言えば、ツンと立った背ビレと白黒模様ですが、この白黒模様ってなんのためなんでしょうね?
誰か知りません?

背ビレの形と大きさでオスとメスを作り分け、みなさんしっかりとかっこいいシャチが出来上がりシャチ

・・・と、ここで会場の写真デジカメを撮っていないことに気付いたのでありました。
会場の様子は、次の機会にぜひ実際に体験してみてくだいよろしく
こんにちは、P事務局長です。

さかまた組によるシャチ調査をサポートする調査同行型ツアーが10月23日~25日に行われ
ましたので、そのレポートです!

実は、昨年はワタクシ1人で参加させていただき、今年の一般公募による
ツアー実施となったわけですが、諸事情により、ワタクシは現地へ行けず、
調査体験ボランティアツアーから調査同行型ツアーと内容を少々変更させて
いただき、ご参加いただく運びとなりました。
ご参加された皆さん、さかまた組の皆さんには多大なるご迷惑をおかけして、
申し訳ありませんでした。

現地へ代わりに行って、スタッフをしてくれたみおちゃんから報告をもらったので、
代理でワタクシがご報告させていただきます。

23日、初日は夕方に集合!
kushiro091
さかまた組の笹森さんと西沢さんがオリエンテーションをしてくださいました!
今回は、3日目に地元の子どもたちが参加するエコツアーのスタッフをみなさんに
やっていただくことになっておりました。
みんな、真剣に聞いてくれていたようです。

その後には・・・
kushiro092
フィッシャーマンズワーフMOOにある、炉ばた焼のお店にて全員で夕飯。

kushiro093
なんだか、いい雰囲気ですね~おいしそう♪
私も行きたかったです・・・
この日、笹森さんが炉ばた焼のお店から、わざわざ自宅にいる私の携帯電話に
ライヴな写メールを送ってきてくれました(涙)

さて、次の日からは船です!どうだったんでしょうか。。。





11月24日(火)は、”大人のため”のワークショップでシャチをつくりますよ。
シャチをつくろう
こんにちは、みずまです。
ワークショップ当日スタッフのの事前打ち合わせで、事務局に馳せ参じました。
実際に作りつつ、当日の流れを確認しました。

24日は大人だけのワークショップということで、普段のイルカよりもちょっと大きめのシャチを作ります。
試しに作ったのが上↑の写真。
シャチを作りながら、シャチの棲む海シャチに思いを馳せてみませんか?
申込みはまだ大丈夫ですよこちら「海の王者・シャチをつくろう」詳しい案内ページ

お待ちしております!
いつもサポートをいただいている、フリーペーパーeverblueから
ビーチクリーンアップイベントのご案内がありました。
今回のイベントでは、アイサーチ他サポート団体のロゴ入りのエコバックが
参加した方にプレゼントされるそうです!
ぜひ、ご参加くださいませ。

------------------------------------------------------------------------
SUBARU×everblue×新江ノ島水族館

環境イベント「クリーンアップキャラバン」が11月22日に新江ノ島水族館前で開催決
定!!


今回4回目を迎えるSUBARU×everblueの「クリーンアップキャラバン」は、
新江ノ島水族館前の片瀬海岸西浜にて開催が決定!
ビーチクリーン活動に加え、江ノ島水族館presents の楽しい親子ワークショップや
じゃんけん大会も実施!

今回のクリーンナップキャラバン特別ワークショップとして、クリスマスにも大活躍
しそうな、
オリジナルキャンドルづくり「海辺のキャンドル作り」を実施します。
ビーチで拾った貝殻などと、海での大切な思い出を一緒にキャンドルに閉じ込めてみ
ませんか?
ほのかに香るアロマの香りが心をリラックスさせてくれ、素敵なお土産になります。
また、恒例のじゃんけん大会では、新江ノ島水族館の入場チケットが当たります!
帰りに是非、ご家族で水族館をエンジョイしてください。
参加者全員に、SUBARU×everblueのオリジナル・コラボエコバックをプレゼント!

皆さま、お誘いあわせの上、是非ご参加下さい!
スタッフ一同、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

~開催概要~

【日時】  11月22日(日)13時~15時頃
【場所】  片瀬海岸西浜および新江ノ島水族館 湘南お祭り広場
【集合場所】13時 新江ノ島水族館 湘南お祭り広場
【内容】  ビーチクリーン、ワークショップ(キャンドルアート)、記念撮影会、
     水族館入館チケット争奪じゃんけん大会、参加賞のプレゼント など。
【参加条件】参加費無料 ※ワークショップ「海辺のキャンドル作り」先着120名様
イルカたちは、人の耳に聴こえないような高い周波数の音音で鳴いています。
でもそれはなぜ?

イルカは声で見る!?
イルカが鳴くのはなにのため?この本でその理由がわかります

イルカはなぜ鳴くのか

赤松 友成
文一総合出版


こんにちは、みずまです。
今日紹介するのは、独立行政法人 水産総合研究センターさかなで水中生物音響を研究している赤松友成さんの「イルカはなぜ鳴くのか

赤松さんには、今年6月にICERCでトークイベントを開催した際に、イルカの”声”に関する興味深い話をお聞きしました。
その時は、モスキート音蚊の話などを織り交ぜながら素人にもわかりやすく語って頂きましたが、この本ではより専門的に具体的な数値数値を含めて説明されています。
文系出身の私には難しい説明も混じってはいるのですが、そういうところを素っ飛ばしても「なぜ鳴くのか」わかりやすい内容になっています。
立冬を迎え、いよいよ冬に突入してしまいました。
こんにちは、みずまです。

とはいえ、穏やかだった今日、「赤いかもめ号」自転車にまたがり、やってきたのは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の横浜研究所。
年に一度の一般公開の日なのでした。

JAMSTECといえば、この「しんかい6500」。(↓写真は模型)
しんかい6500
完成20周年ということで企画された「飛び出せ!科学くん」というTV番組のしんかいスペシャルの特別トーク会も開かれました。
「しんかい6500」は、名前の通り6500mまで潜れます。
20年経った今でも世界一深いところに潜れる有人潜水艇。
軽く1000mは潜れるというマッコウクジラよりも深いところに行けるのです。
潜水中にマッコウクジラに遭遇・・・なんてことはない・・・か?
ちなみにこの「飛び出せ!科学くん」、月曜深夜の科学バラエティ番組なのですが、とりあげる話題が面白いので結構ツボにはまってます。

そして横浜研究所を有名にしているのが、地球シミュレータ
地球シミュレータ
世界最速(だった?)のスーパーコンピュータです。
体育館くらいの広さのところにででーんと立ち並んでいました。
性能値122.4TFLOPSなんだそうです。
解説見てもなにがどうすごいのかよくわからなかったのですが、性能値122.4TFLOPSですから、とにかくすごいんです。
このコンピュータで、地球温暖化の予測なんかをスパッとシミュレートしちゃうのです。
20xx年の地球の気温がxx度上がっている・・・なんて予測は、きっとこのスーパーコンピュータで計算されたもの。

海を観測する様々な科学的なデータを基に、この地球環境がどうなっていくか予測されます。
地球
この海が、地球環境に与える影響ってのは、非常に大きなものがあるのですね。
地球シミュレータの予測をいい方向に裏切る未来になるといいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。