上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海洋生物・自然環境の調査・保全活動を行っているエバーランスネイチャーさんからクジラをテーマにしたトークショーの案内をいただきました。

======================
第3回Marineトークショー「海深く潜る」

日 時:2013年7月21日(日)pm14:30~16:30(開場:14:10)
場 所:TKPスター貸会議室西新宿9階「ホール9」
     (東京都新宿区西新宿1-19-6 山手新宿ビル 9F)
参加費:¥500円
内 容:
1.人間(女性)の潜水チャンピオンが見た深い海の世界(岡本美鈴)15min.
2.ウミガメの潜水チャンピオン=オサガメの世界(ELNA会長:菅沼弘行)15min
3.クジラはなぜ潜るのか!? (東京海洋大学教授:加藤秀弘)60min
4.Marineフリートーク(各講演者に自由に質問しよう!)

詳細はこちら。
http://www.elna.or.jp/japan/enlighten/sympo/marine_talkshow3.php

======================

締切りは過ぎていますが、まだまだ受付中とのこと。
ぜひご参加ください。
スポンサーサイト
こんにちは、ボランティアスタッフの志麻です。
梅雨といえど、空梅雨で水不足が心配な今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

6/30(日)スタッフ研修として千葉県・銚子へイルカウォッチングに行ってまいりました!
今回もお世話になったのは、「銚子海洋研究所」様。
銚子海洋研究所

実は2011年にも東日本大震災の復興支援を兼ねてお邪魔しているのですが、生憎出航ならず・・・
当時、ウォッチング船停泊のマリーナは津波の被害にあわれており、お隣の漁港を借りて、
営業を再開されていました。
2011年銚子ツアー

マリーナはやっと今年4月に整備がほぼ終了したそうで、2011年とは見違える程きれいでした。
いよいよフリッパー号に乗船し、銚子沖へ向けて出航!
fripper.jpgdeparture.jpg

今回の目標は「カマイルカ」&「マッコウクジラ」。
カマイルカは銚子沖で子育てを終えると、北上を始めるそう。今年は北上が早く、すでに銚子沖からは
去ってしまっているとの事で可能性は低かったのですが、船はカマイルカの泳ぐ沖合の海域へ進みます。
途中、ミズナギドリの大群(鳥山)に遭遇!彼らの主食はイワシなどの小魚。
という事は・・・近くにイルカがいる可能性が・・・!

ミサイルのように海面に突っ込んでいく鳥たちは迫力満点。イルカへの期待も上昇!
                 birds.jpg

いました!カマイルカの群れです!!船のつくる波に乗り、近くまで来てくれました。
「カマイルカ」の特徴、背びれがカマのように曲がっているのが見えるでしょうか?
kamairuka - コピー

そしてきれいなツートンカラーもはっきり見えて、スタッフ一同「すごい」を連発しておりました^^
                  kama - コピー

今回はラッキーな事にまだ残っていた、あるいは一旦南下したカマイルカに遭遇する事ができました。
一群が去るとまた別の群れが近づいてくれ、本当に素晴らしいウォッチングとなりました。
改めて銚子の海の豊かさ、私たちのすぐそばにもこんなに沢山のイルカたちが暮らしている事を
実感できた一日でした。

これからは沿岸に暮らすイルカ、スナメリウォッチングのベストシーズンとなります。
スナメリはバンドウイルカよりも小さく、とても可愛らしいイルカです♪
沖合よりも所要時間が短く、ご家族にもおすすめです。
ぜひこの夏、家族そろって銚子の海で大自然を満喫してみてはいかがでしょうか?
野生のイルカに会う感動を味わって頂けたら、私も本当に嬉しいです。
ウォッチング案内

最後に研修にご協力頂きました、銚子海洋研究所のみなさまに心より御礼申しげます。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。