上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、P事務局員です。

2014年11月8日(土)アイサーチレクチャー2014第1回目、
酒井麻衣さんをゲストにお迎えした
レクチャーイベント「イルカはなかよし?」を開催いたしました!
・・・報告遅くて申し訳ありません。

maisakailecture2014.jpg

さて、酒井さんのお話。
御蔵島で個体識別調査が開始されて21年。
1994年から10年間のアイサーチと御蔵島で共同調査をしていた2000年から
酒井さんもこの調査に参加しており、それ以来御蔵島周辺のミナミハンドウイルカや
飼育下のイルカ、ヨウスコウスナメリなどを対象にし、研究を進めてこられました。

興味深いお話ばかりで1時間があっという間だったのですが、
いくつか、私が印象に残ったエピソードをちょっとご紹介。

酒井さんの研究のテーマの1つ。同調行動。
人間でいうと、お神輿をかつぐ、フラなど大勢でそろえてダンスする…
こういったことを通じて、社会的コミュニケーションに人はとります。
イルカが一緒にタイミングを合わせて泳いだりする同調行動
もこういった社会的コミュニケーションであると考えられるということ。。。
私はイルカを通じて、人間のこうした行動が社会的コミュニケーションなのだと
再認識しました・・・逆に。

飼育イルカのお話では、
イルカが水流を使って赤ちゃんを抱っこするというお話が印象的でした。
母イルカが水流をおこし、赤ちゃんイルカがその水流にのることで
楽に泳げるというこの行動。
人間のように手で抱っこはできないけれど、イルカも赤ちゃんを思う気持ちは
同じなのですね!
水族館で観察できる時があるかと思いますが、
そういうことなのだ!と見るとあたたかい気持ちになりますよね~

ヨウスコウスナメリにバイオロギングをつけての研究では
単独で暮らすと一般的に言われているスナメリが一緒に泳ぐ同調行動することがある
とわかったことも印象的でした。

お話の中で参加者とのやりとりもあり、ナイスな回答にはポストカードのプレゼントが
あったり、クイズもおこなったりと、楽しい時間を過ごしました!

また、御蔵島で行われているミナミハンドウイルカの個体識別調査の
ボランティア(Mido)を支援するチャリティーTシャツの販売もありました!
この個体識別調査が、この先長く続いていけるよう応援していきたいですね!!
Midoの詳しい活動内容は下記リンクよりご覧ください。
http://midolphin.jimdo.com/
https://www.facebook.com/MikuraDolphinTeam

久しぶりのレクチャーイベント開催。
初めてご参加いただいた方、以前もレクチャーに参加してくださっていた方、
中学生からクジラと共に年齢を重ねた大人たちまで
酒井さんの楽しく、興味深いお話をご一緒に聞くことができて
とてもうれしく思いました。
ご参加くださった方々、そして酒井さん
本当にどうもありがとうございました!

次回、第2回目は12月20日(土)。
北海道を主なフィールドに大活躍する、笹森琴絵さんをお迎えします。
室蘭、羅臼、釧路、そして北方4島などの鯨類のお話を
写真や楽しいトークでご紹介いただきます!
野生のシャチや北のザトウクジラなど貴重な写真も必見です!
そして、今年6月に発足した、ホエールウォッチングの業界団体「日本クジライルカウォッチング協議会」
のお話などもお聞きしたいと思います。
参加受付中です。
アットホームな雰囲気のレクチャーイベントですので、
ぜひ、お気軽にご参加ください!お待ちしております♪
http://icerc.org/


スポンサーサイト
毎年秋に行われているこちらのフォーラム、
一般の方も参加でき、鯨類の研究や飼育現場の話を聞ける貴重な場でもあります。
興味のある方はぜひご参加下さい。

申込み締め切りは11月21日まで。

==============================

第10回マリノサイエンスフォーラム「海獣三昧!」
【1】日時:2014年11月23日(日,祝) 10:30-16:00

【2】会場:東京大学農学部弥生講堂(東京都文京区)
 ・南北線「東大前」下車徒歩1分,千代田線根津下車徒歩8分  
 ※会場,お間違えのないように!

【3】内容(順不同)
1)日本の古鯨類学最前線:歯鯨編 村上瑞樹(早稲田大学)
2)ジンベエザメ飼育水槽における鯨類のショーパフォーマンス実施
   鈴木涼太(横浜八景島シーパラダイス)
3)沖縄美ら海水族館の試み~獣医師の視点より~ 植田啓一(沖縄美ら海水族館)
4)<特別講演>
  「シャチの輸送 -飼育現場からの話-」 鴨川シーワールド 前田義秋
5)イルカはおでこで声を出す!? 植草康浩(鶴見大学・医療法人社団千秋双葉会)
6)マネするイルカ 村山 司(東海大学)

【4】申し込み方法等 ※必ず事前にお申し込みください。
・参加費:1000円 ※当日,会場にてお支払いください。
氏名,所属,電話番号(終了後,廃棄します)を添えて下記までメールにて お申込みください
・受付通知をyahooからのメールにて送信しますので,ご確認ください.
なお,受信拒否されている場合は受付通知が送信できないため,参加できません.
・締切り 2014年11月21日(金) 17:00 必着
・申込み先アドレス acad-marine@ml.tokai-u.jp

〇同じものが
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/oe/2014-02.pdf
にあります.
こんにちは、ボランティアスタッフのえりかです。

アイサーチの伝えたいメッセージを、参加者によりよく伝えることが出来るようにするための、スタッフ研修を受けました。
イルカ・クジラについての話や、ねんどイルカの作り方のステップや説明の仕方、そして環境の話を細かい所まで丁寧に教わりました。

一緒に特別研修を受けたスタッフと交代で、お互いが練習するところも見合うことができて、とても良いフィードバックをもらうことが出来ました。
あっという間に一日が終わり、とても充実した時間を過ごしました。

20141102スタッフ研修

この研修を受けて、改めて、ねんどイルカのワークショップを通して子供たちに何を伝えたいか、何故それが大切なことなのかを、考えることができました。
子どもたちにイルカやクジラのことを伝えられる日がくるのが楽しみです!

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2014


日時:2014年12月11日(木)~13日(土) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所:東京ビッグサイト[東1~6ホール]

    (アイサーチ・ジャパンの出展ブースは東4ホール N-41です。)
入場料:無料(登録制)

     ご来場の際には、スムーズに入場できる事前来場登録がオススメ!
     (PC・スマートフォンからアクセスできます)

今年のテーマは「見つけよう!未来をかえるエコの知恵」
会場には、最先端の科学ぎしゅつから、日常生活でのちょっとした工夫まで、さまざまな「知恵」が集まっています。
エコぴょん(C)エコプロダクツ2014
今回、アイサーチはNPO・NGOコーナー【知って!見て!おどろいて!「生物多様性ナレッジスクエア」】にて出展。
イベントや各地の学校、環境関連施設で実施している、楽しみながらイルカ・クジラと海の環境を学ぶことができる体験型プログラム『海の環境学習教室"イルカのひみつ・クジラのふしぎ"』をパネルと実演を交えてご紹介します。
また、スタンプラリーの一環としてクイズも出題します。

エコプロダクツについての詳しい内容は、エコプロダクツ2014のホームページをご覧ください。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。
一般受付は終了いたしました。
2014年12月3日までに申し込みメールをされた方には受付完了のご返信をすべてお送りしております。
もし、受付完了メールが届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、お電話にてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
アイサーチ・ジャパン会員の方で参加を希望される方はお問い合わせください。


--------------------------------------------------------------------
【ICERCレクチャーシリーズ2014】
イルカ・クジラ・海のフィールドで活躍する方をお招きして、
一般の方向けにわかりやすくお話を伺いします。
--------------------------------------------------------------------

-第3回-
「イルカと上手に泳ぐために」

ドルフィンスイムに役立つイルカの生態

講師:高縄 奈々さん (水中写真家/水中ビデオグラファー/ドルフィンスイムガイド)

2014年1月24日(土)13:30~15:00(開場:13:00)

東京・青山 地球環境パートナーシッププラザ

0114レクチャー(C)Nana Takanawa

--------------------------------------------------------------------
野生のイルカと海で一緒に泳ぎたい…。
もっと仲良くイルカ泳いでみたい…。
ドルフィンスイムガイドになりたい…。
ドルフィンスイムガイドで水中写真家の高縄奈々さんをお招きして、 野生のミナハンドウイルカが暮らす御蔵島や利島でドルフィンスイムガイドとしての長年の経験から、イルカと仲良くなるために知っておべき生態の話など、写真や映像を交えながらお話しを伺います。

--------------------------------------------------------------------

■講師プロフィール
高縄 奈々さん (たかなわ なな)さん
(水中写真家/水中ビデオグラファー/ドルフィンスイムガイド)
高縄奈々プロフィール写真(C)Yoshitomo Tanaka1982年 愛知生まれ。2002年に御蔵島でミナミハンドウイルカの個体識別調査に参加したことをきっかけに、素潜りで水中撮影を始める。その後、御蔵島のドルフィンスイムのガイドとして働きながら、独学でイルカの水中写真を撮影。写真や映像をテレビ番組、映画、雑誌、研究者などに提供している。南アフリカのコシャチイルカや、小笠原諸島のマッコウクジラの生態調査などにも参加。現在は利島でドルフィンスイムのガイドをしながら、野生のイルカ・クジラや、離島ならではの風景撮影を続ける。



■開催日:2014年1月24日(土)13:30~15:00(開場:13:00)

■会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
     〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F
     TEL:03-3407-8107

■参加費:一般1000円 (アイサーチハンドウイルカ会員:無料)
       ※参加費は当日受付でお支払いください

■定員:50名(定員制・先着順)※事前にお申込みください

■申し込み方法:参加を希望される方は事前にお申込みください。
           ※定員制・先着順にて受付いたします。

※ホームページやメールでお申込みの際、お申込み受付完了のメールを送信させていただきます。
携帯端末をご利用の方で、受信時に、迷惑メール受信拒否設定をされている方は、
@icerc.orgのドメインを受信できるよう、お手数ですが、設定変更をお願いいたします 。

●申し込み先:アイサーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター)

★ホームページからお申込み
ホームページの問合せフォームより
「1月アイサーチレクチャー希望」として、
ご参加いただく方のお名前・お電話番号をお知らせください。
 
★お電話でお申込み
TEL:080-5426-8446までご参加いただく方のお名前・お電話番号をお知らせください。
留守番電話にメッセージを入れていただきましたら、折り返しお電話いたします。

■主催:アイサーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター)
WEB:http://icerc.org/
E-mail:contact@icerc.org TEL:080-5426-8446
11月15,16日に開催される「海辺の環境フォーラム2014 in沖縄」に参加します!

海辺の環境教育フォーラム」は、海の環境教育関わる人、興味を持つ人のゆるやかなネットワークです。
2001年3月に始まった同名のミーティング、その報告書の作成、メーリングリストの運営などが主な事業です。

今年のテーマは「つなげよう、海心(うみぐくる)」
海が大好き、海を楽しみたい、海を守りたい、海をきれいにしたい、海をもっと知りたい、海をもっと知ってほしい…
人によって海に対する気持ちや視点はさまざま。海への想いの多様性を大事にして、みなさんの海に対する気持ちを周りに伝える、そして特に、これからの環境教育を担うであろう若い世代につなげることが今回のフォーラムのテーマです。

海辺の環境フォーラム2014in沖縄 一般公開イベント_R


フォーラムの2日目に一般公開イベント「海がっこう、海あしび~沖大に海がやってきた!?~」が開催されます。
ここでは、フォーラム参加者により、会場に訪れる一般市民の方々に海心を伝える、楽しい環境教育イベントを行います。
プログラムのコンセプトは「私の伝えたい海心」

アイサーチ・ジャパンでは、海の環境学習教育「イルカのひみつ・クジラのふしぎ」として、
イルカすくいやなんだろうBOX、ザトウクジラの尾びれのタペストリーなど、楽しみながらイルカ・クジラと海の環境について学習するプログラムを行います。

フォーラムに参加のみなさま、沖縄のみなさまにお会いできることを楽しみにしております!!!
こんにちは、事務局P(元P事務局長)でございます。

修学旅行中の体験学習の一環として、岩手県盛岡市立下橋中学校のみなさんがワークショップ「イルカのひみつ・クジラのふしぎ」に参加して下さいました。

今年もやってきてくださった下橋中学校のみなさん!
雨の中の修学旅行で、残念でしたが、
元気なかわいらしい女子5人がやってきてくれました!

shimohashi14102

・・・!!!
モノクロ写真になっちゃいました(^_^;)

ワタクシ、5年ぶりくらいに修学旅行のみなさんの受け入れ担当をしたためか、
話がアドリブばかり、脱線ばかりしておりましたが、
まじめな良い子たちばかりで、話をよく聞いてくれました。
ありがとうございます。

粘土でイルカをつくりながら、イルカの生態を学び、
水の循環から自然環境を考え、
日々の生活の中でできる環境に配慮したちょっとしたこと…
少しでも記憶に残ってくれたらうれしいです。

かわいい女子たちはその後、スイーツを食べに行くとか…。
私の時代の修学旅行とはだいぶ違いますよー
楽しそうだし、自分たちで考えて行動するところがいいですよね。

私もこういった機会をいただけ、
アイサーチの伝えたいメッセージについて、
また、イルカやクジラの生態や水の循環について、
団体の設立のお話しなど、振り返るいい機会となりました。
どうもありがとうございました!
10月22日
岩手県盛岡市立下橋中学校の生徒さんが
修学旅行中の体験学習の一環として参加された
ワークショップ「イルカのひみつ・クジラのふしぎ」にて誕生した
ねんどイルカたちをご紹介します。

20141022_ni.jpg

曲線のきれいなかわいらしいイルカたちばかりです♪
参加してくれたみなさん、ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。