上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、P事務局員です。
年末休みではありますが、今年に残した最後の仕事として、このブログを書かせていただきます!
話は、1か月以上前。11月のお話です(^_^;)

11月14日~16日にかけて、沖縄大学等で行われた、海辺の環境教育フォーラムに参加しました。
海辺の環境教育フォーラムは海の環境教育関わる人、興味を持つ人のゆるやかなネットワークです。
2001年3月に始まった同名のミーティング、その報告書の作成、メーリングリストの運営などが主な事業だそうです。
私もずいぶん前からこのフォーラムは知っておりましたが、実は自分が参加するのは初めて!!
今回は託児があるということなので、思い切って4歳の子を連れて参加しました。
activity201411162
写真は一般公開イベント「海がっこう海あしび」に出展したアイサーチの海の環境学習教室の模様。

14日の夜は前夜祭。
私と同じく、アイサーチ歴20年・沖縄在住のMちゃんが料理長をして、揚げ物などのオードブルだけでなく、
沖縄家庭料理やフルーツなども提供してくれ、沖縄伝統舞踊・歌なども観ることができました。
荘厳な踊りや歌を、最前列中央で、わが子が鼻くそをほじりながら、見ていたのに、
本当に一生懸命踊ったり歌ったりしてくださって、申し訳ないやら、大変感謝しております。

15日の午前中はエクスカーション。
私はゲッチョ先生の海辺の自然教室に参加しました。
ゲッチョ先生というのは、沖縄大学の盛口満先生です。
ゲッチョ先生は千葉県館山市出身で、子どもの頃にひろったタカラガイをきっかけに、
漂着物などに大変な関心をもたれ、今に至るそうで、
貝にはまり→木の実にはまり→骨にはまり…と漂着物からいろいろなお話を聞くことができました。
ひげ鯨のでっかい背骨も持たせていただいて、うれしい限りです。
kujirahonepi.jpg




スポンサーサイト
2014年も残すところあとわずかとなりました。
今年は関東近郊でのイベント出展や教室開催に加え、沖縄での教室開催、
数年ぶりのレクチャー開催など、
人とのつながりに恵まれ、活気あふれる1年となりました。
これもサポートいただいているメンバー、
様々にご協力いただいている関係者のみなさま、
そしてご参加いただいたみなさま、
本当にありがとうございました!

来年も「いつまでもイルカ・クジラと出会える地球であるために・・・」
活動に取り組んでいきたいと思いますので、2015年も変わらぬ応援のほどよろしくお願いします。

なお、年末年始の業務は2014年12月27日から2015年1月4日までお休みとさせていただきます。
甚だ勝手ではございますが、何卒ご了承ください。

それでは、来るべき新しい年がみなさまにとって佳き年となりますように。

アイサーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター) 事務局スタッフ一同
こんにちは、P事務局員です。
2014年12月20日に青山で開催された、アイサーチレクチャー2014
第2回「ヒト、イルカ・クジラに出会う」のレポートをお届けします!

201412sasamorilecture.jpg
今回は、はるばる北海道・室蘭からお越しくださいました。自然写真家で海洋生物調査員の笹森琴絵さんをお迎えしてお話を伺いました。

笹森さんは北海道を中心に室蘭、知床、釧路、北方4島などで写真家として、海洋生物調査員として活躍しておられ、大学の洵教授として学生さんたちに情熱をもって伝える仕事もされており、多くの方に愛されるアクティブな女性です。
釧路では、笹森さんが代表をされているさかまた組による鯨類調査を行っており、今、釧路ではホエールウォッチングが観光としてたちあがろうとしています。
また、6月には日本初のホエールウォッチングの業界団体が発足し、初代会長としても活躍をされています。
今回は、北海道周辺のイルカクジラのお話しと日本のホエールウォッチングについてお伺いしました。

201412sasamori.jpg
イルカ・クジラといえば、南のあたたかい海をイメージしがちですが、
餌が豊富なことから、日本の北の海にすむイルカクジラたちは約20種類観察されていて、
まさにイルカ・クジラたちの楽園だということ。

野生のシャチを主な目的に調査を行っていたところ、沖縄や小笠原などへ南下するため移動しているザトウクジラが
釧路沖で遭遇して以来、ザトウクジラの個体識別調査も行うようになるなど、釧路の海の奥深さを知るお話も。
会場ではシャチとザトウクジラのとーっても貴重な映像を見せていただき、参加者の皆さんも大興奮でした!

そして、日本クジライルカウォッチング協議会のお話では、老舗的な存在となっているウォッチングポイントなどの
経験を踏まえた、ガイドラインなどを新たなウォッチング事業者の方々が参考にすることで、日本のホエールウォッチングの質の底上げにつながっていってほしいという目的など、お話いただきました。
そして、私たちがウォッチングへ行った際には、とてもよかったホエールウォッチング事業者をネットやSNSなどで発信してください!とのこと。
参加者がよいなー!と思うホエールウォッチングを広めていくことが、日本のホエールウォッチングがよりよくなることにつながるのですね!

笹森さんが代表をつとめる「さかまた組」。
釧路での調査など行っています。
「さかまた組」の詳しい活動内容は下記リンクよりご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/sakamata/
https://www.facebook.com/orca.org

笹森さんには2008年にレクチャーをしていただいて以来、
6年ぶりのレクチャー。
私も久しぶりにご本人にお会いし、たくさんお話をしましたが、
話し忘れたこともたくさん!

笹森さんたちと釧路の方々、座間味ホエールウォッチング協会さんが
3月7、8日にケラマ諸島・座間味島でザトウクジラのイベントを行う予定です。
アイサーチも子ども向けプログラムでご協力させていただくことになっています。
座間味島へ行く予定の方は、ぜひご予定を合わせていらしてくださいね♪

笹森さんは1月ないし、2月にラジオ番組・BayFM「フリントストーン」にご出演される予定です。
また、2月10日売りの月刊ダイバー3月号では今回のレクチャーをご取材いただきました!
ぜひ、本屋さんでGETしてください!

ご参加くださった方々、そして笹森さん
本当にどうもありがとうございました!

次回、第3回目は1月24日(土)。
利島でドルフィンスイムガイドとして、水中写真家として大活躍する、高縄奈々さんをお迎えします。
長年、御蔵島でイルカの調査やドルフィンスイムガイドとして活躍後、現在は利島で活躍中の奈々さん。
イルカたちにやさしいドルフィンスイムをめざすべく、イルカたちの生態解説をしてくださいます。
残念ながら、一般参加受付を終了しております。ブログでもレポートしますのでお楽しみに!

http://icerc.org/
12月13日 エコプロダクツ展にて生まれたイルカたち

20141213_ecopro_ni_R.jpg

参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
Whale Artist あらたひとむ × アイサーチ・ジャパン コラボ第3弾!
ラインスタンプ登場です!!!
おちゃめなイルクジ、アイくん&サーチちゃんのゆるかわスタンプです。

あらたひとむコラボ_ラインスタンプ01_R

https://store.line.me/stickershop/product/1052946/ja

※売上の一部を寄付して頂いています。
アイサーチ・ジャパンのウェブサイトがリニューアルしました!
どんな団体か、どんな活動をしているのか、より見やすくより詳しくなっております。
ぜひご覧ください!
ウェブサイト→ www.icerc.org

snapwebsite.jpg

なお、サーバーの切替えを11月30日午前2時ごろ行ないました。
問合せフォームや@icerc.orgにいただいた返信の必要なメールには、担当者より折返しメール送信しております。
1週間以内にこちらからご返信がない場合は、メールがうまく届いていない可能性がありますので、恐れ入りますが再度お電話にてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
第1回アイサーチレクチャーの講師:酒井麻衣さんが千葉のFMラジオ局BAY FMのネイチャー番組「THE FLINTSTONE」に出演されました。
その様子がウェブにてご覧いただけます♪
ぜひご覧ください。

BAY FM 「ザ・フリントストーン」2014年11月15日 イルカの睡眠!?イルカのだっこ!?
http://www.bayfm.co.jp/flint/20141115.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。