上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月26日、今年度初めてのボランティア研修が葉山で行われました。
今回の研修は、NPO法人オーシャンファミリー海洋センターの海野さんを講師にお迎えし、身近な海環境の理解を伝えるための学びとして、海岸に打ちあがる漂着物観察を通して環境や生物に与える問題などについて取り上げ、考えることがテーマです。
IMG_2386_R.jpg
↑オーシャンファミリーの入口。入口からワクワク感が伝わってくる!

PANO_20150426_103129_R.jpg
この日は、晴天に恵まれ、初夏の日差しとそよ風の中、海岸にはマリンスポーツを楽しむ人や緑地や砂浜で遊ぶ家族連れがたくさんいました。
この時期からこんなにも賑わっている海岸はそんなにないと思います。
それだけ、ここがステキな浜なのでしょう。
IMG_2413_R.jpg

IMG_2397_R.jpg
海岸へ行き、さっそく靴を脱ぎ、海へ入るメンバー。笑

砂浜の一部にところどころ石ころや貝殻が固まって落ちている場所があり、たった5m四方なのにそこは宝の山!
宝と言っても金銀財宝…ではなく、学びの宝。
いろいろな種類の石や貝殻、ビーチグラス…皆黙々と拾います。
IMG_2412_R.jpg
「これはなに?」の質問に片っ端から答えていく海野さん。

IMG_2399_R.jpg IMG_2400_R.jpg
石の中には・・・・なんと!こんな大きな貝がいた!!


IMG_2439_R.jpg
そして、みんなで拾い集めた漂着物を仕訳し、解説と共に様々な問いかけを出されました。
「なぜ葉っぱは緑色をしているのでしょう?」
これが最大の難問でした!(答えを知りたい人は研修参加者まで。笑)
IMG_2422_R.jpg
浜辺でよく目にする植物。じつは、大根の仲間!その名も「ハマダイコン」 緑の実はちゃんと大根の味がしました。

ひとつひとつの事柄が、知っているけど、知らないことでした。
それは、つながらなかったモノ、コトがつながっていく驚きの連続で、わかることが楽しいと思える瞬間でもありました。

海っておもしろい!
自然っておもしろい!
と思え、
空と海と山はつながっているんだ!
と改めて理解することができました。

これだから学ぶことってやめられないな、と思うと同時に中高生の頃に学んだことは、すごく大切なことばかりだったのだと気づかされました。(笑)
これからも、ひとつのモノの見方にとらわれず、様々なことへ目を向け、なぜだろうと考え、ひも解くことを大切にし、自分の引き出しを増やしていきたいと思います。

IMG_2452_R.jpg

最後に海野さんが伝える大切さをこんな風におっしゃっていたこと。
「たどたどしくても、自分の言葉で一生懸命伝えれば、自分の想いは必ず伝わりますよ。」

ボランティアメンバーはひとりひとり様々な思いを胸に活動しています。
共通するのは「イルカ・クジラ、海の自然が好き」だということ。
今回の研修で学んだことをしっかり自分のものにして、これからの活動に生かしたいと思います。
スポンサーサイト
日本でもホエールウォッチングがスタートしてから、20年以上経ちますが、海外ではさまざまな事例があり、このようなキャンペーンが行われているそうです。
それだけイルカ・クジラが身近な存在であるということでもあるのでしょうか。
イルカ・クジラと人とのより良い関係が持てるような節度あるホエールウォッチングについて、改めて、私たちも考えてみようと思いました。


「野生のイルカに近づかないで」
米国国立海洋大気庁(NOAA)春休みの旅行客に呼びかけ

2015年3月20日付 フロリダ発
ペンサコラ・ニュース・ジャーナルより

メキシコ湾岸にやってくる春休みの旅行客に対し、野生のイルカへの節度ある対応が求められている‐食べ物を与えない・なでない・一緒に泳がない・至近距離でサーフボードに乗ってパドリングしたりカヤックに乗ったりしないなど。
イルカの悲劇的な死亡が増加しているのは、人間から魚をもらおうとしていることに関係しているとNOAAの職員は述べている。

NOAAは「野生のイルカに近づかないで」というキャンペーンを立ち上げた。数頭のハンドウイルカ(バンドウイルカ)の死がきっかけのこのキャンペーン、生物学者たちからイルカが人間の与える食べ物に夢中になっていると指摘している。
NOAAハンドウイルカ(バンドウイルカ)専門家は、旅行客はイルカとの接触が危険で不適切なうえ違法であることにお構いなしだと説明する。
イルカにかまれるという報告が何十件と寄せられているのだ。
また、銃などの凶器の使用でイルカが死に追いやられる、漁具に絡まる、飲み込むなどして致命傷を負うイルカの報告数も上がっている。
さらに、母イルカが子どもに、野生での狩りの方法を教えるのではなく、人間から食べ物を得る方法を教えているという。

釣りのチャーターボートを操縦するキャプテンは、ボートを見ると食べ物がもらえるものだと思っている人慣れしたイルカに毎回苦慮している。
釣り糸を投げ入れると数分以内に多くのイルカがボートに近づいてくるうえ、釣り糸とモーターに危険なまでに近づくイルカさえいる。
釣り針から魚を奪おうとするそうだ。どこまでもボートについてくるため振り切るのは無理だという。
キャプテンが知る釣り人たちの機嫌は良くないものの、イルカを殺傷することは決してないと断言しているが、ここ数日はイルカを傷つけるなどの行為を疑われ非難を浴びせられている。
キャプテンは旅行客が招いている事態だと考えている。
NOAAによる「野生のイルカに近づかないで」キャンペーンが頼みの綱である。

NOAAはDON’T(やってはいけないこと)DO(守るべきこと)を示した“ドルフィン・ルール”を設けている。

例えばDON’T(やってはいけないこと)の中には、
 ・野生のイルカに食べ物を与える、または与えようとする行為はしない。 危険であり違法。 サイト参照 
http://www.dontfeedwilddolphins.org/
 ・親子を離すような行為はしない。
 ・イルカが近寄ってきても、追いかける、一緒に泳ぐ、なでる、触ることはしない。

DO(守るべきこと)には、
 ・船など水上の乗り物からイルカを観察するときは、最低45m以上離れ、観察は30分以内にとどめる。
 ・イルカの近くで大きな音や急な物音はたてない。
 ・イルカがストレスを感じているような行動を示したときは、静かにその場を離れる。

また、保護に協力的で責任あるウォッチング・ツアーを選ぶこともすすめているほか、船などの水上の乗り物の運航に際しての注意事項も具体的に示されている。


記事元:http://www.pnj.com/story/news/local/environment/2015/03/20/noaa-urging-spring-breakers-keep-dolphins-wild/25092593/ (動画あり)

※ここでは著作権の関係上、概要のみお伝えしております。
詳しい内容が気になる方は、記事元(英文)のURLをクリックしてください。

こんにちは、事務局Pです。
先日、都心から日帰りできるホエールウォッチングポイント!
千葉県銚子市の銚子海洋研究所さんを訪問いたしました。
銚子海洋研究所の宮内船長とは長いおつきあいになりますが、
ワタクシ、よーく調べたら、2009年に行って以来、6年ぶりの銚子なのでした(^_^;)
その間に東日本大震災があり、銚子は津波がきて大きな被害を受けました。
銚子海洋研究所の皆さんもその後の多大なる努力で、またあの海で元気に
営業されていて、私もとてもうれしく思いました。

さて、銚子海洋研究所のウォッチング船、フリッパー号!
20150410choshiflipper.jpg
そう。雨です。。。 (雨女って言わないでー(>_<))
この日は打ち合わせのみで、ウォッチング船には乗りませんでした。
夏にアイサーチのボランティアのスキルアップ研修の1つとして、
銚子でのホエールウォッチングガイド講習を行う予定で、そのお打合せなどを
事務所でさせていただいたのです。
今回はアイサーチの展示や製作物で活躍してくれているKやんも一緒です。

打ち合わせの後は銚子海洋研究所・宮内船長のオススメのお店へランチに連れて行ってくださいました。
20150410lunch1.jpg
20150410lunch2.jpg
えー!まさかのー!オシャレCAFE!?このすばらしい蔵。
そして、窓から銚子電鉄が見える素敵なシチュエーション!
浜焼き(七輪で魚介類を焼いて食べます)や変わったお魚のムニエルのようなものなど
おいしくいただきました。

ランチの後は宮内さんたちに銚子案内をしていただきました!
まずは、銚子で有名な「地球が丸く見える展望館」へ。
ここは屋上へ行くと、360度銚子の景色が見渡せるというのが一番の売りですが、
実は、銚子海洋研究所コーナーがありまして、
室内にいながら、銚子の海で出会える様々なイルカクジラたちの映像を
見たり、等身大イルカクジラのパネルでその面白さを体感できるのです!!
20150410choshi2.jpg

ちなみに、こんな楽しい写真SPOTもありました!
20150410choshi1.jpg
まるでホエールウォッチング船、フリッパー号に乗ったような記念撮影ができます!
宮内船長に大富チーフガイドと一緒に撮影して、完璧な1枚でした。
(…通常、船長さんたちはおりませんのであしからず)

さらに、今年になってできた、新しい商業施設、銚子セレクト市場へ。
20150410choshi3.jpg
ここは銚子駅の近くにあります。
この産地直売所などがある施設の一角に
銚子海洋研究所の乗船予約もできる(週末など繁忙期)PRスペースのような場所があります。
20150410choshi4.jpg
アイサーチもお世話になっている、あらたひとむさんデザインの大漁旗ならぬ、大観鯨。
クラゲやウメボシイソギンチャクの水槽もありますし、お土産もありますよ。

ちなみに私はすぐ横で売っていたしょうゆソフトクリームを食べました!とりあえず 笑
銚子へ行った際には、立ち寄ると楽しい場所だと思います。
銚子海洋研究所の皆さん、お忙しい中どうもありがとうございました!

というわけで、次は7月にスナメリたちに会いに銚子を訪れたいと思います。
今はカマイルカなど少し沖合にいるイルカたちと出会えるウォッチングのシーズンです。
お休みの時など、お出かけになられてはいかがでしょうか?
世界のイルカ・クジラニュース第2弾!

みなさんは、「オウギハクジラ」をご存知ですか?
下顎から2本の牙がニョキっと出ているのが特徴の珍しいクジラです。
オウギハクジラについての詳しい説明は、海生哺乳類情報データベース(外部サイト)にてご確認ください。

日本でも座礁したイルカ・クジラを見つけたら、直ちにお近くの水族館、博物館、市町村の水産担当部署役所に連絡しましょう。

「希少種オウギハクジラ、命を落とす」
2015年3月24日付 グアム発 
Guam Pacific Daily News より

3月23日、グアムのMerizo(メリッソ)にあるBile Bay(ビリー・ベイ)に、体長約4.5mの非常に珍しいオウギハクジラが漂着した。打ち上げられた時点ではまだ息があった。
地元住民の通報を受けた1時間後に、グアム農務省関係機関の職員が到着すると死亡していたという。
農務省の漁業生物学者Tibbatts氏によれば、外的要因は見受けられず、解剖で詳しい死因を探るとしている。
オウギハクジラは世界的に見ても非常に希少で、通常は外洋深さ2000m以上に生息しているという。
これほど海岸に近づいたのは、よほど体調が悪かったのではないかとTibbatts氏は述べた。
グアムでは近年、クジラの漂着が多数目撃されているが、オウギハクジラが漂着したのは最近では2008年だったとのこと。
安全性や健康面の観点からTibbatts氏はクジラの死骸には近寄らないよう呼びかけており、Pacific Daily News(パシフィック・デイリー・ニュース)は、菌やウィルスなどがクジラの死骸から人間に伝染する可能性があるとしている。

元記事:http://www.guampdn.com/article/20150324/NEWS01/303240010/Rare-beaked-whale-dies-Merizo-shore


※ここでは著作権の関係上、概要のみお伝えしております。
詳しい内容が気になる方は、記事元(英文)のURLをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。