上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、スタッフNです!
8月23日、「板橋区立エコポリスセンター」にて「粘土でイルカを作ろう!~イルカの秘密、クジラの不思議~」のイベントを行いました。
参加してくれたのは、午前中18人、午後は19人小中学生たちです。
20150823_板橋区エコポリスセンター (4)
イルカクジラまるばつクイズから始まったワークショップ。
「日本でもイルカ・クジラに会える?○か×か?」というクイズの答えは・・・
○です!!
そこで、どんな種類に会えるのか・・・ということで、
日本の海で見られるイルカ・クジラの種類が並ぶTシャツミュージアムに移ります。
25種類のうち数種類をピックアップし、特徴など学びました。
20150823_板橋区エコポリスセンター (3)
ザトウクジラの原寸大の尾びれタペストリーを前に、3択クイズです。
ザトウクジラの体長は15m。
お部屋には入りきらないくらいの大きさ・・・!そこで、廊下に出て、ロープでその大きさを体験しました。
20150823_板橋区エコポリスセンター (1)
イルカの生態を学びながら、粘土のイルカを作ります。
一生懸命作った自分のイルカを手にして、ニッコリ笑顔を見せてくれる子もいました。
世界にたった一頭だけのイルカたちの完成です!!
→ 8月23日生まれのイルカたちの写真はコチラ ←
20150823_板橋区エコポリスセンター (2)
そして最後に、大事な環境のお話です。
海に漂うゴミを、間違えて、イルカが食べてしまうこともある・・・
その衝撃の事実を知った子どもたち。
「どうしたら、そんな悲しいことを防ぐことが出来るかな・・・?」
というスタッフの投げかけに、
「海の遠い所に流れていったゴミも、船に乗って拾いにいく」
「ゴミが落ちているのを見たら、自分が捨てたゴミじゃなくても、そのままにしないでちゃんとそのゴミをゴミ箱へ捨てる」
「海にゴミを捨てようとしている人がいたら、『海の生き物たちに
迷惑がかかるから、いけないよ』って呼び掛ける!」
・・・と、みんな自分で考えたことを発言してくれました。

大きな水のつながりの中で、イルカ・クジラや、森の生きものや、川の生きもの、全ての命と一緒に生きている私たち。
そんな私たちだからこそ、イルカ・クジラたちが美しい海で泳ぎ続けられるように、
“私たちに出来ること”は、たくさんあります!
いつまでも、イルカ・クジラに出会える地球であるために・・・
まずは、小さなことから、一緒に始めてみましょう!!

イベントにご参加頂いた皆さま、このような場をご提供して頂いた関係各位の皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト
板橋区エコポリスセンターの夏休みエコスクール2015にて生まれたイルカたちです。

20150823ni.jpg

参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!
今年もエコプラザ西東京にてたくさんのイルカたちが生まれました♪

20150816ni.jpg

参加していただいたみなさま、どうもありがとうございました!
今年もエコプラザ西東京にてたくさんのイルカたちが生まれました♪

20150815ni.jpg

参加していただいたみなさま、どうもありがとうございました!
こんにちは、スタッフNです!
8月15日、16日「エコプラザ西東京」にて「粘土でイルカを作ろう!~イルカの秘密、クジラの不思議~」のイベントを行いました!
15日は37人、16日は39人の小学生が参加してくれました。

始めはイルカクジラ○×クイズから。楽しい雰囲気でスタート!
その後、部屋を移動し、イルカクジラの種類がずらっと並ぶTシャツミュージアムへ。
実はこの25種類のイルカクジラたちは、日本で見られる種類なのです。
スタッフの解説に、「へぇ~!」「そうなのー?」「すごーい!」と声を挙げる子どもたち。
次は、原寸大のザトウクジラの尾びれタぺストリーを見上げます。
ザトウクジラのエサの食べ方も、模型を使って学びました。
スタッフの解説を、熱心にメモする子もいました。
20150816ecoplaza1.jpg

そしていよいよ粘土作りが始まります。
真剣な表情で作る子、友だちのイルカを見合いながら嬉しそうに作る子もいました。
世界にたった一頭だけのイルカたち、完成~!

そして最後に、環境のお話。
ゴミの写真を見せ、「どこにあったゴミだと思う?」という質問に
「海?」「海岸の砂のところ!」「人間の手が捨てたゴミ」「川?」と
考えてくれる子どもたち。
「実は・・・一頭のイルカ(オウギハクジラ)のお腹の中にあったんだ」と伝えると、驚きの声やため息の中に、「だって~~もあるじゃん」と、信じられないよ―とでも言うように、写真にあるゴミを挙げる声も聞こえました。
「どうして食べてしまったんだろう?」と聞くと、「お腹がすいてて、周りに魚がいなくてゴミがあったから食べちゃったのかな」「間違えて飲み込んじゃったのかな」と、考えてくれました。

「私たちに出来ることは何だろう?」という投げ掛けには、
「海で何かを食べた時のゴミはちゃんと持ち帰る」
「ティッシュをくしゃくしゃにしてポイッとしない」
「誰も見ていない時にも、ゴミを投げ捨てたりしない」、
他にも、「『ゴミを捨てちゃいけないよ』っていう看板を作って立てる」と
いうことを考えてくれた子もいました。

みんなが考えてくれたことは、とても素敵なことばかりでした!
どんなに小さなことでも良いから、まずは、ひとつ、やってみること。そこから始まると思います。
一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、みんなでやれば、信じられないくらいの大きな力になると、私は信じています。
今、イルカ・クジラの海とつながっている私たちが出来ること。
一人ひとり心がけることから、始めていきたいですね。
いつまでも、イルカ・クジラに出会える地球であるために・・・
これからも、仲間を増やしていきたいと思います。

15日に参加してくれたみんな!
20150815ecoplaza2.jpg

16日に参加してくれたみんな!
20150816ecoplaza2.jpg

参加して下さった皆さま、このイベントを実施するにあたりお世話になった関係各位の皆さま、本当にありがとうございました。
8月9日に湘南T-SITEにて行なった「ねんどでイルカをつくろう!」で生まれたイルカたち。

20150809_Tsite03.jpg

参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!
イルクジの夏真っ盛りのアイサーチ、8月9日(日)に湘南T-SITEの「夏休み自由研究企画」で「ねんどでイルカをつくろう」をさせていただきま した。

今回はドルフィンフォトグラファーの稲生閑夫さんとのコラボ企画で、初めに稲生さんが小笠原のイルカの生態やイルカの写真を撮る工夫などをお話ししてくれ、引き続いて「ねんどでイルカをつくろう」の実施です。
稲生さんは以前からアイサーチの活動を支援してくれている写真家で、アイサーチの展示物や広報にも稲生さんの写真をいくつも使わせていただいてい ます。
小笠原で暮らしているイルカやクジラたちの写真や動画を見せてもらいながらのお話に、参加した大人も子どもも引き込まれていました。
20150809_Tsite01.jpg

続いての「ねんどでイルカをつくろう」では、みんな真剣に自分だけのイルカを作ってくれました。小笠原のホンモノのイルカの写真を見た直後だった だけに、イルカの体の作りやイルカと人の暮らしとの関わりなどのお話をうなずいたりしながら聞いてくれていました。
20150809_Tsite02.jpg

終わってからも、どうしたらイルカに会えるのか、イルカと泳ぐにはどうしたらいいかなど、質問をしてくれたお子さんもいました。

稲生さんの写真を見て、アイサーチのスタッフもみんな、イルカに会いに海に行きたくなってしまいましたよ。

素敵なコラボ企画を実現してくださった、湘南T-SITEさま、スルガ銀行さま、カメラのキタムラさま、そしてドルフィンフォトグラファーの稲生 閑夫さん、ありがとうございました!
温暖化の影響は、こんなところにも出ているんですね。
温暖化はクジラにあまり関係ないと思っていたのですが、大きな勘違いでした。。。


ザトウクジラが飢えに苦しんでいる‐気候変動に原因
2015年6月18日付
デジタル誌takepartより
新たな研究では、南極でエサとなる資源が減少しているため、より多くの海洋哺乳類が命を落としていると指摘している。

2カ月前、ザトウクジラの死骸が米ワシントン州の海岸に漂着した。
死因は謎だが、そのクジラはひどく痩せており、脂肪も油もほとんどなかったことが分かっている。
実は、西オーストラリア州でもここ数年、ストランディングを起こすザトウクジラの数が急増している。
クジラの死骸の多くは脂肪の割合が低かったことが判明。
専門家はクジラが「極度の栄養失調状態」だったと説明した。こういった死亡は今後も続くと予想されている。

オーストラリアへ移動するザトウクジラたちは、南極海にいる3カ月間はエサをたらふく食べる。
その後は数カ月間にわたる長旅を、絶食して繁殖地である西オーストラリア州の沖合をめざす。
その移動距離は、およそ9,700~17,000km以上に及ぶ。ザトウクジラの主食は、ナンキョクオキアミ。
だが、オキアミの生息場所である海氷は気候変動の影響を受け、南極海域の多くの場所で減少しており、その数が減っている。オキアミの個体数は1970年代以降80%も激減したという。
ザトウクジラの食べるエサが大幅に減少し、長距離移動に必要な脂肪を十分に蓄えることができずにいる可能性がある。これでは生存率もより低くなるとする新たな研究論文が発表された。
研究では、現在のクジラたちは脂肪に蓄えている油分がかなり少ないことが判明し、50年前よりクジラたちの健康状態が良くないことが示された。
また、長距離の移動を達成するために必要なエネルギー、移動中に輸送船などの障害による余分なエネルギー消費も計算。
この研究で、多くのクジラ、とりわけ出産したばかりの母クジラは、長距離の移動中にエネルギー不足に陥り、極度の疲労により命を落とす、との結論が導き出された。

論文を発表したBraithwaite氏は、クジラの体調は海氷の変化に影響され得ると述べた。
海氷が今後も減少すれば、エサとなる資源や移動時の体調に影響するだろうと懸念する。
回遊するザトウクジラには、絶滅の危機以外にも脅威が存在していると話す。
それは直接クジラを殺すことよりも、はるかに捉えにくい脅威だという。
更に研究が進むまで、Braithwaite氏はクジラを守るための対応策を提案している。
例えば、ザトウクジラにとって重要な休息場所となっている海域でクジラたちが休息する時期には、周辺で輸送活動や航行速度を調整することで、余分なエネルギー消費を減らせるという。


元記事:http://www.takepart.com/article/2015/06/18/humpback-whales-exhausted-climate-change

※ここでは著作権の関係上、概要のみお伝えしております。 詳しい内容が気になる方は、記事元(英文)のURLをクリックしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。